top_line

大河ドラマ「麒麟がくる」初回視聴率は19.1%

モデルプレス

【モデルプレス=2020/01/20】俳優の長谷川博己が主演を務める大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜、後8:00~)が19日にスタート。20日、初回視聴率が発表された。

長谷川博己(C)モデルプレス
初回平均視聴率は関東地区19.1%、関西地区19.3%、名古屋地区20.6%(ビデオリサーチ調べ)。

なお、2019年大河ドラマ「いだてん」初回は関東15.5%、関西12.9%。2018年大河ドラマ「西郷どん」初回は関東15.4%、関西19.8%だった。

同作は、第29作「太平記」を手がけた池端俊策氏のオリジナル脚本。大河ドラマとしては初めて主役となる明智光秀を長谷川が演じ、その謎めいた前半生に光があてられる。

◆撮影現場を明かす

長谷川博己(C)モデルプレス
制作統括の落合将氏は、放送開始にあたって「すでに新年の撮影も始まっており、スタッフの士気はこれ以上ないほど高まっています」と現場の様子を明かし、「多くのみなさんに『麒麟がくる』をご覧いただき、光秀や駒から勇気を得て、月曜日からの一週間にのぞめるようなドラマづくりを、スタッフ・キャスト一同で頑張ってまいります。光秀の波瀾万丈な人生を、1年間あたたかく見守っていただければ幸いです。なにとぞ応援よろしくお願いします」とコメントした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル