top_line

「新型肺炎」にデパート店員が悲鳴「マスクを許して!」

SmartFLASH

閉鎖された中国・武漢市の華南海鮮卸売市場(写真・時事通信)

 

 中国で発生した「新型コロナウイルス」による肺炎の患者が、日本で確認された。中国と日本以外にも、タイ、韓国で感染者が確認されている。

 

 感染源とみられる武漢市の「華南海鮮卸売市場」は1月1日に閉鎖。同市では、198人からウイルスが検出され、中国人3人が死亡した(20日時点)。市場で扱われる “鳥獣” が感染源とされる点は、2002年に中国でコウモリを起源に発生、700人以上が死亡した「SARS」と同様だ。

 

 

「これまでの情報から解析したところ、新型ウイルスは、SARSなどに比べて、病原性や感染力は弱いと考えられます。重症化、急速に拡散する可能性は低く、過剰に恐れる必要はありません」

 

 そう話すのは、海外感染症に詳しい「グローバルヘルスケアクリニック」の水野泰孝院長。

 

「死亡者は、持病が原因で肺炎が悪化した可能性が高い。でも、『ヒト-ヒト感染』も限定的にあるとみられ、注意は必要です」

 

 1月25日には、中国の “春節” があり、70万人以上が来日するという。例年なら、嬉しい悲鳴が聞こえるはずのデパートからは、こんな声が。

 

「うちの職場は、マスクNGなんです。感染予防ができず心配です」(都内デパート・化粧品売場勤務の女性)

 

 対策には「手指衛生、咳エチケットなどの基本的な感染対策が重要」(水野院長)だそう。ヒト-ヒト感染は、家族間など「濃厚接触」に限定だというが……ご注意を。

 

(週刊FLASH 2020年2月4日号)

TOPICS

ジャンル