top_line

魅力的でも気を付けて!軽い男が送りがちなLINE

愛カツ

初対面で好印象だった彼と、定期的にLINEができたら、期待しますよね。でも、間隔が短く、内容がない会話が続いていたりしていませんか……?

どんなに返信が早かろうと、こんなLINEは、彼が本気じゃない証拠かも。

そこで今回は、“軽い男が送りがちなLINE”についてご紹介します。

仲良くないのに“ちゃん付け”や呼び捨て

「そもそも私は、苗字のあだ名で呼ばれることがほとんど。なので、急にちゃん付けや、呼び捨てをする人に拒否反応があります。

しかも、こういう男に限って『自分はイケてる』って思っているチャラいタイプが多い」(25歳/女性/営業事務)

「苗字にさん付け」からスタートし、名前呼びに変わる瞬間って、キュンポイントのひとつですよね。

次第に関係性が変わることが、恋愛の醍醐味でもあります。

けど、軽い男って、配慮ナシに名前呼びをしがち。初対面にもかかわらず、平気で、ちゃん付けや呼び捨てをする人が多いです。

このタイプは女慣れしている確率が高いので、ちょっと警戒。単純に、大人として非常識ですし、仮に付き合ったとしても、苦労するかも……。

相手の気持ちも聞かずに「いつ会う?」

「私は、都内まで片道2時間かかるのですが、それを知らない都心住みの男性に『とりあえず飲もうよ!』と誘われることがあります。
昔は会ってみたりしたけれど、大抵チャラいだけ……。

なので、いまは『私は◯◯に住んでいるんですが、こちらまで来てくれます?』と聞いてみる。軽く引いて、そのあと音信不通になる男性がほとんどですね」(27歳/女性/販売)

「いつ暇?」「いつ会える?」と、ふたりきりで会うこと前提なLINEも、「軽い男」の特徴のひとつ。

こういう人に限って、デート場所は自宅の近く、夜から飲みなど、女性に合わせる気がないと言えます。

本当にあなたに好意があったら、最初に「どこなら出てこれそう?」「何時くらいなら平気?」と紳士的に聞いてくれるはずですよ。

適当な同調

「正直LINEは面倒だけど、返信してくれる優しい男だと思われたい。もしくは、その子をキープしたいってときに適当に同調しちゃうかも。

『マジか!(笑)』『俺も!』と言いつつ、あまりLINEは読んでいないです」(29歳/男性/営業)

なんでもかんでも相手の話に、とりあえず同調しておくのが“軽い男”の特徴のひとつ。

本気ではないけれどキープとして手元に置いておきたい場合に、適当な相づちでやり過ごすようです。

女性側が長文なのに比べて、彼が明らかにそっけないようであれば、一度、返信を置いておくのもいいですね。

おわりに

彼のLINEに疑問や違和感を持ったら、そのままスルーするのは危険でしょう。

彼にのめり込んだ挙句、遊ばれる可能性もあります。

まずは冷静になって「こんなLINEを送ってくる彼って本当に魅力的?」と自問自答してみるのがいいですよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル