top_line

視線とまなざしで描かれる、時の流れの物語 岩井俊二監督『ラストレター』

goo映画

執筆=Avanti Press

誰かをいつくしむ空からの視点で映画は始まる。立ち並ぶ木々の上をゆっくりと飛んでいく。森を、城下町を、城を、家を、人の営みを優しいまなざしで包むように。岩井俊二監督の最新作『ラストレター』は、まなざしの映画だ。誰のまなざしなのか? 順に紐解いていこう。

滝を目指す子どもたち(C)2020「ラストレター」製作委員会

【Story】自ら命を絶った姉・美咲(少女時代/広瀬すず)の葬儀のために、子どもたちを連れて白石市にある実家を訪れた裕里(松たか子、少女時代/森七菜)。裕里は美咲宛の同窓会の通知を美咲の娘・鮎美(広瀬すず/二役)から受け取り、高校時代に片思いをしていた鏡史郎(福山雅治、少年時代/神木隆之介)と再会する。

生徒会長で優秀だった美咲と、生物部所属の内気な裕里、生物部に入部してきた転校生の鏡史郎。裕里は鏡史郎に、鏡史郎は美咲に、美咲は漠とした将来に恋をし、誰の思いも届かないまま高校時代は終わっていた。

失われたその時間を埋めるかのように、裕里と鏡史郎の文通が始まる。しかしその文通は、ひょんなことから姉妹の娘たちを巻き込み、手紙はふたつの世代間を行き来することに。すれ違ってしまった恋と、叶わなかった夢、そして彼らが過ごしたかけがえのない時を、まなざしが再生のきざしとともに映し取っていく。

岩井監督の出身地・宮城県で行われた撮影

『ラストレター』は岩井監督の出身地・宮城県で撮影された。物語は、白石市という城下町から始まる。美咲・裕里姉妹と鏡史郎、そして美咲の娘・鮎美(広瀬すず・二役)と裕里の娘・颯香(森七菜・二役)は、この地の白石高校に思い出を刻んだ。

美咲・裕里姉妹の実家は、沢端川沿いにある武家屋敷の近く。沢端川は、裕里と鏡史郎ら白石高校生物部が研究採取を行うほどの清流だ。近くには1995(平成7)年に復元された平城・白石城が建つ。白石城は、伊達政宗の軍師的役割を果たした片倉小十郎景綱の拠点で、質実剛健な家風は城下に住む人々にまで伝えられた。

沢端川で生物採取する裕里と鏡史郎(C)2020「ラストレター」製作委員会

美咲と鏡史郎の拠りどころ “無限の可能性”

彼らが通った宮城県白石高校の校風に、白石藩の家風を感じるのは考えすぎなのだろう。生徒会長として輝かしい日々を送った美咲と鏡史郎は、高校生の頃“無限の可能性”を感じていた。

しかし、成人した彼らの人生は、必ずしも成功とはいえない。それでもなお、“無限の可能性”を拠りどころに、生き切ろうとする。その姿に、戊辰戦争の際に、負け戦を覆そうと、奥羽越列藩同盟結成の地となった同藩の姿と重なるように感じられたのだ。

偶然に出会った鮎美と颯香に誘われ、美咲の 実家を訪れた鏡史郎(C)2020「ラストレター」製作委員会

美咲は、卒業式で答辞を読む。「高校時代は私たちにとって、おそらく生涯忘れがたい、かけがえのない思い出になることでしょう」「つらいことがあった時、生きているのが苦しくなった時、きっと私たちは幾度もこの場所を思い出すのでしょう。自分の夢や可能性がまだ無限に思えたこの場所を。お互いが等しく尊く輝いていたこの場所を」と。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル