top_line

筆跡でわかっちゃう!恋愛における「あなたの弱点」とは

愛カツ

筆跡は小さい頃からの書き方のクセや、その人の性格と密接だとされています。

細やかな人は丁寧な字を書きますし、おおらかな人は文字も大きくてダイナミックですよね。

今回は、田んぼの「田」の筆跡から、恋愛における「あなたの弱点」を診断いたします。

それでは早速、紙に「田」の文字を書いてみてください。

右上がりである…おカタ過ぎで自分を表現できない

右上がり文字のあなたは、ルールを守る性格で、先生や親の言うことをちゃんと聞くタイプ。

少し堅すぎるところもありますが、信頼度はバツグンでしょう。

ただ、何でもそのままストレートに受け止めてしまうため、恋を型にハメようとする傾向が強すぎるかもしれません。

マジメな性格ゆえに「恋愛はこういうもの」「彼はこうあるべき」という概念に縛られてしまい、お互い不自由になってしまうようです。

「恋は楽しむためのもの」という発想が欠けているので、もう少し気楽に構えましょう。

全体的に角ばっている…完璧主義で理想が高すぎる

カクカクした文字を書くあなたは、生真面目で何ごともきっちりした性格の持ち主。勉強や仕事で評価されることも多いでしょう。

でも、理想が高過ぎて、現実から目を背ける考え方をしてしまうところ。もしかしたら、リアルを直視するのが少し怖いのかもしれません。

確かに恋愛はきれいごとだけではないと言えます。しかし、それを受け入れながら恋をしていかないと、足元をすくわれることも。

甘い言葉に惑わされて、ろくでもない男の世話をするなんてことにならないように注意しましょう。

文字に少しまるみをつけるようにすると、柔らかい印象になれますよ。

全体的に丸っこい…受け身で流されやすい

丸文字のあなたは、人の心がわかる優しいタイプ。丁寧でやわらかい印象をもたれるでしょう。

おしとやかな性格から、異性からも好かれます。

ただ、何でも相手を尊重しすぎて受け身になるところが。彼の言うことを間に受けすぎる素直なところも、度が過ぎるとマイナスに。

相手が冗談で言ったようなことも、きちんと覚えていて、どんな無理難題にも応えようとするところが、彼を「コイツは俺のためなら何でも聞いてくれる」と勘違いさせてしまうようです。

イヤなものはイヤだとハッキリ意思表示しましょう。

接筆部が開いている…余計なことまで言ってしまう

接筆部とは、縦と横の線が接する部分を指し、ここが開いているあなたは、社交的で人見知りしない性格の持ち主。偏見なく人を受け入れられるタイプです。

ただ、何でもストレートに厳しいことを言い過ぎるところが。

あなた自身は「相手のために言ってあげている」という意識かもしれませんが、相手からするとグサグサと痛いところを突かれているような気分になるでしょう。

もう少し言葉をオブラートに包まないと、彼の心も離れていってしまうかもしれません。柔らかい表現を心がけて。

おわりに

自分のことを知るうえでは、血液型、生年月日、手相、人相などさまざまな診断方法がありますが、筆跡診断も意外とその手立てとなってくれるもの。

実は、その人の書いた文字は、脳の奥深い所にあるイメージをもとに表現されているとされ、日常の行動や習慣が紐づけられているという説もあるのです。

人それぞれの筆跡が異なるように、脳のつくりも異なるため、文字の特徴が生まれてくるのかもしれませんね。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル