top_line

あなたの彼、狙われてない?下心を持っている女性たちの言動

愛カツ

お付き合いしている彼氏の仲の良い女友達や同僚の存在、気になってしまいませんか?

自分の知らない彼の過去も知っていて、気が合うだけではなく、何となく彼を狙っているような気もする。

そんなときの女の勘、意外と当たるんです。

今回は、下心がある女友達の行動と、それで略奪されてしまったケースを解説します。あなたも身に覚え……ありませんか?

「相談相手」に徹して彼女の情報をうまく聞き出す女性

「元カレの同僚の女友達がずっと彼のことを狙っていると感じていたんですが、私と別れた後にすぐに同棲しはじめたんです。

彼は私とのことを彼女に相談していたみたいで。良い相談相手に徹しつつ、『理解ある女』を演じて持っていかれた気がします」(26歳/エステ勤務)

もし、女友達から「彼女持ちの男友達を好きになってしまった」と言われたら、おすすめするであろうこの戦略。

「物分りのいい女友達」に徹して、情報をうまく引き出しつつ、彼女のことは悪く言わない。

そして、彼女と上手く行かなくなったタイミングで「別れちゃえば?」と煽るのが正解です。

これをされないためには、彼との関係を平和に保って喧嘩しないようにするしかありません。

飲み会や合コンに誘う

「彼女持ちって知ってるくせに、やたら飲み会や合コンに誘ったり、休日なのに彼と2人で出かけるのを平気で誘ってくる女友達がいたんです。
彼と趣味が合いすぎるから、彼も誘われると断りにくかったみたいで。私のほうがキレて自滅してしまいまいた」(25歳/金融関係勤務)

“彼と同じ趣味の女友達”は手強い存在。

しかも、自分は全く関心がない趣味だと、2人きりで出かけられてしまっても文句を言いづらい場合も……。

これに関しては、彼と女友達を2人きりになるべくさせないように、自分も彼の趣味についていく努力は必要かもしれません。

彼の会社の近くに引っ越し

「お酒が好きで付き合いがいい彼なので、飲みに誘われると断れない人だったんです。

会社と家がけっこう離れていたので、タクシー代がかかって金欠になるのも揉めてしました。

でも、彼の女友達が彼の会社の近くに引っ越して、『もったいないから泊めてあげるよ』という話になったらしく、本当に泊まったとか
。何もしてないと言ってましたが、信じられなくて別れてしまいました」(24歳/ゲーム会社勤務)

彼にとって“便利な存在”としてじわじわ距離を縮めてくる女友達も危険な存在。お酒好きの彼の場合、雰囲気に流されてつい、ということもあるかもしれません。

女友達と会うのを制限はできなくても、「2人では会わないで欲しい」と言っておくことは大事ですよ。

「2人では会わないで」と約束してもらうのが正解

男性って男友達のことを「あいつのことは全く女として見ていない。何も起きようがない」って表現することがありますが、そう言っていて結局付き合うケースって少なくありません。

警戒心を持たせずに接近してくる女友達や彼の周囲にいる同僚には要注意ですね。

「異性とは2人きりで黙って会わない」と約束しておくのが正解です。

(ライター/上岡史奈)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル