top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

さよなら乙女寮、有村架純主演「ひよっこ」6月3日あらすじ

music.jp|テレビ・映画

さよなら乙女寮、有村架純主演「ひよっこ」6月3日あらすじ(C)music.jp|テレビ・映画 有村架純が主演を務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」。5月29日(月)〜6月3日(土)朝8時から放送される第9週では、みね子たちに一大転機が訪れる。向島電機は倒産、乙女寮は解散、乙女たちは身の振り方を考えなければならなくなった。みね子は就職活動を始める。

前週(第8週「夏の思い出はメロン色」)のおさらい

つかの間のお盆休み。みね子たち乙女寮のメンバーは海水浴に行くことを決め、それぞれ水着を新調した。しかし当日はあいにくの雨。ならばとウエストサイド物語を観に行く。寮に戻ると、雨はすっかり上がっていた。行こうか。誰からともなく言い出し、海へと繰り出した——。楽しい夏はあっという間に過ぎ、季節は冬に。みね子たちは給料の減額を伝えられる。向島電機は業績悪化で経営の危機に直面していた。

第9週「小さな星の、小さな光」第54話 あらすじ

みね子(有村架純)と時子(佐久間由衣)は、久しぶりに三男(泉澤祐希)に会う。向島電機の倒産や新しい仕事について近況を話し、正月は奥茨城に帰らないことも伝える。一方、ほとんどの工員が去った乙女寮は、すっかり静かになっていた。幸子(小島藤子)や豊子(藤野涼子)も荷物を整理して、次の職場へと移っていく。そして時子が寮を離れる日。みね子は、空っぽになった工場で1人静かにしている時子を見つける。

第54話は、6月3日(金)あさ8時より放送

広告の後にも続きます

みね子(有村架純)と時子(佐久間由衣)は、久しぶりに三男(泉澤祐希)に会う。向島電機の倒産や新しい仕事について近況を話し、正月は奥茨城に帰らないと伝える。第54話は、NHK総合で6月3日(土)あさ8時より放送。

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」は、NHK総合で毎週月曜〜土曜の午前8時から放送。
公式サイト(http://www.nhk.or.jp/hiyokko/)

⇒ドラマ「ひよっこ」作品ページへ

TOPICS

ランキング

ジャンル