top_line

桐谷健太、東出昌大に「身長さえ低かったらずっと頭をなでたい」 W主演で“コンビ愛”炸裂<ケイジとケンジ>

モデルプレス

【モデルプレス=2020/01/14】テレビ朝日系新木曜ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(1月16日スタート/毎週木曜よる9時~)の完成披露試写会&トークイベントが14日、都内で行われ、W主演を務める桐谷健太、東出昌大をはじめ、比嘉愛未、磯村勇斗、今田美桜、柳葉敏郎、風間杜夫、脚本の福田靖氏が登壇した。

桐谷健太、東出昌大(C)モデルプレス
同作は、“刑事”と“検事”という“日本のドラマではあまり類を見ない組み合わせの男たち”がタッグを組み、港町・横浜を舞台に人間臭さ全開で大暴れするオリジナルドラマ。

(左から)今田美桜、柳葉敏郎、比嘉愛未、桐谷健太、東出昌大、風間杜夫、磯村勇斗、福田靖氏(C)モデルプレス
桐谷が昔ながらの気質で走り出したら止まらない“元体育教師の異色な刑事”仲井戸豪太、東出が頭脳明晰すぎて逆にズレている“東大卒の頭でっかちな超エリート検事”真島修平をそれぞれ演じ、難事件に挑む。

◆桐谷健太&東出昌大、民放ドラマ初主演で再共演 “コンビ愛”見せる

抜群のコンビネーションだった桐谷健太&東出昌大(C)モデルプレス
桐谷と東出は2015年公開の映画『GONIN サーガ』以来の共演となり、互いに民放ドラマで主演を務めるのは初。今回の再共演で良い意味で変わった互いのことについて問われると、桐谷は「その時東出はまだデビュー2年目とかで、右も左もわかっていないみたいな部分があったんですけど、その時から心根が優しい子で、心遣い、気配り、すべてできるので、本当に身長さえ僕より低かったらずっと頭をなでたい。ほんまに」としみじみ話し、「良いとこは全部変わっていないです。でも芯がまた図太くなった印象を受けます」と分析。

桐谷健太(左)を見つめる東出昌大(右)(C)モデルプレス
桐谷健太(左)に「うい~!」と絡む東出昌大(右)(C)モデルプレス
一方の東出は桐谷に対して「ずっと進化・強化はされ続けていると思うんですけど、変わったというよりは背中が広く分厚くなった印象です」と表現し、「今回はバディもののようで相対するものも多く、共演するシーンでないところも非常に多いんですけど、僕が撮影に赴いていないシーンを見た時に、桐谷さんがこういうお芝居をなさっていて、こうやって物語に説得力をもたらせてくださったんだと、やっぱりすげぇなこの先輩と思いました。お芝居に対しての情熱や方法、そういうところがたくさん見れたので、W主演と言いつつも今後も桐谷さんに頼りつつ、こっちも張れるように頑張っていきたいなと。それくらい心強い先輩です」と真摯にコメント。それを受け止めた桐谷は感激のあまり表情を歪ませ、「嬉しいです…!」と一言。東出は笑顔で桐谷の背中をさすり、2人の“コンビ愛”に会場も温かい目で見守った。

東出昌大(右)からの言葉に感激をあらわにする桐谷健太(左)(C)モデルプレス
比嘉愛未(C)モデルプレス
また豪太の妹で修平とペアを組む立会事務官・仲井戸みなみを演じるヒロインの比嘉は、「(役では)2人は会うと睨み合う犬猿の仲なんですけど、実はずっと合間もお話している。本番ギリギリまで喋っていて切り替えがすごい」と現場でのエピソードを明かし、感嘆。「真面目にやってますよ!(笑)」と主張する桐谷に、東出が「昨日も段取り後に『桐谷さん、こういうお芝居にしようと思うんですけど相対してていかがでしたか?』と熱を持って話していた時に、比嘉さんがこっちを見ていたんですよ。俺ら多分相当かっこよく映ってるんだろうなと思いながら…」と振り返って自画自賛すると、桐谷はすかさず「何言うてんねん、お前!」とつっこむ抜群のコンビネーションを見せていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル