top_line

恋愛が長続きする秘訣!「ポジティブ恋愛思考」の作り方

愛カツ

どれだけ燃え上がった激しい恋心も、時間が経つと次第に落ち着いてきます。

いろんなことがマンネリになったり、対応がテキトーになったりと、つい悪い方向に考えてしまうこともあるでしょう。

今後も末長く安定した関係を目指すには、この時期を上手く乗り越える必要があるのですが、そこで意識して欲しいのが“ポジティブ恋愛思考”。

今回はそんな思考の作り方について紹介したいと思います。

“私はうれしい”を口ぐせに

おつきあいが長くなると彼の「彼氏らしくない言動」が気になることがあると思います。

デート先が牛丼屋だったり、プレゼントがアクセサリーではなく消耗品だったりと、「友達の彼氏はそんなことしないのに」「元彼はそうじゃなかった」と比べたくなることがあるかもしれません。

もしそれが「あなたが望まないこと」だとすれば、彼に不満を伝えてもいいのですが、大切なのは“あなたがうれしいかどうか”です。

「むしろ牛丼屋のほうが気が楽」「消耗品もそれはそれで助かる」と思っているのなら、「私はうれしい」を口ぐせにして、必要以上に不満を持たないようにしてみてはいかがでしょう?

不安になったら「めっちゃ好きじゃん」

あまり会えなくなった、メールやLINEがそっけなくなった……など、「もしかしたら私のこと好きじゃなくなったのかもしれない」と不安になることがあると思います。

仕事が忙しいなどの明確な理由がない場合や、明らかに他の女性の影がある場合は、不安になるのも仕方ありません。

しかし、ちょっとした彼の言葉尻や行動の一部をとらえて不安を彼にぶつけてしまうと、誤解だった場合に「めんどくさい」という印象を持たれてしまいます。

小さなことでも不安になるというのは、裏を返せば“彼のことがめちゃくちゃ好き”だという証拠。

考えすぎてしまったときには、「私って彼のことめっちゃ好きじゃん」と言い聞かせて、少し自分の気持ちと距離を置いてみてください。

彼の“好きサイン”を探しまくる

男性は「釣った魚にエサをやらない」人が多いもの。付き合う前と比べてしまうと、どうしても不満に思うことが増えてきます。

そこでそんなときには、彼の“好きサイン”を探しまくってみてはいかがでしょう?

既読無視で終わることが多くてもなんだかんだで彼から連絡がくるとか、直接的に「好き」と言葉にしないけど、つなごうとした手はぎゅっとにぎってくれるとか。

不器用な彼なりに「好き」をアピールしている場面が必ずあるはずです。

おわりに

「ポジティブ恋愛思考」は不安になりすぎないための策であって、不安を消去する方法ではありません。

がんばってポジティブに考えてはみたものの、「やっぱりつらい」と思うならお別れを選ぶのもひとつ。

決してあなたのせいではありませんので、我慢をしすぎないようにしてくださいね。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル