top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

【インタビュー】TAKAHIRO&登坂広臣『HiGH&LOW』映画第2弾、雨宮三兄弟の関係はプライベートもそのままだった!?

music.jp|テレビ・映画

【インタビュー】TAKAHIRO&登坂広臣『HiGH&LOW』映画第2弾、雨宮三兄弟の関係はプライベートもそのままだった!?(C)music.jp|テレビ・映画 「EXILE TRIBE」をはじめ超豪華キャストが集結し、ドラマや映画、ライブ、音楽など様々なメディアと連動して展開するエンタテンメントプロジェクト「HiGH&LOW」。その集大成として、日本映画では類を見ないスケールで製作された『HiGH&LOW THE MOVIE』に続く、長編劇場版第2弾『HiGH & LOW THE RED RAIN』が6月2日(金)にいよいよレンタルリリースとなる。

日本中に吹き荒れる「HiGH&LOW」旋風、待望の映画第2弾『HiGH & LOW THE RED RAIN』。主役は映画第1弾でも大活躍した、TAKAHIRO(EXILE)演じる雨宮雅貴と、登坂広臣(三代目J Soul Brothers)演じる雨宮広斗の雨宮兄弟。謎に包まれた雨宮兄弟の長兄・雨宮尊龍役に、いま最も注目の実力派俳優・斎藤工を迎え、最強の三兄弟が実現した。
雨宮兄弟による華麗なアクションシーンに加え、次第に明かされる雨宮兄弟の過去と真実が胸を打つ物語となっている。
そんな話題の作品がいよいよ6月2日(金)にレンタルリリース。今回は主役のTAKAHIROと登坂広臣に、本作の見所や斎藤工との共演について、互いの印象などを聞いた。

——『HiGH & LOW THE RED RAIN』すごく面白かったです。

TAKAHIRO・登坂広臣(以下、登坂):ありがとうございます!

——雨宮兄弟は血が繋がっていない兄弟で、性格も対照的ですよね。でも映画を観ていると「兄弟なんだな」と感じる部分が多く見て取れますが、お二人は雨宮兄弟の似ている部分はどんなところだと思われますか?

TAKAHIRO:『HiGH & LOW THE RED RAIN』の良さでもあると思いますが、血が繋がっていない分、心で深く繋がっていて。幼少期からの境遇やアニキがいてこその感じだったり、前作『HiGH&LOW THE MOVIE』の時からそうですが、「HiGH&LOW」という企画をやりながら、この兄弟の絆が深くなっていったと思います。僕らも演じていて、どんどん腑に落ちていきました。男兄弟ならではの、そして血が繋がっていないからこその雨宮兄弟の強さや良さがあるのかなと感じています。

——雅貴が自分で「お兄ちゃん」と言うのがいいですよね(笑)。

TAKAHIRO:そうですね(笑)。それも、本当のお兄ちゃん(斎藤工演じる尊龍)がいて、その尊龍の方が広斗に慕われていて。(兄弟の)真ん中として憧れていたと思う。いつ「お兄ちゃん」って呼んでくれるんだろう、みたいな(笑)。演じながら雅貴はそういう性格なのかなと。僕がその立場だったらそうなると思ったので。

——そこが雅貴の可愛いところですよね。

TAKAHIRO:そうですね。広斗が冷たいので(笑)。僕も意識せずに、そういう感じになりました。冷たさに引っ張られました(笑)。

——では、そんな広斗としてどうですか?

登坂:『HiGH & LOW THE RED RAIN』の前の「HiGH&LOW」シリーズから(TAKAHIROと)兄弟役を演じさせてもらっていて、スタート時点では長兄の尊龍がいるというより、雅貴と二人での兄弟感をつくっていました。そこで今回の『HiGH & LOW THE RED RAIN』で、斎藤工さんが演じてくれた尊龍がああいうキャラクターだったので、二人で作ってきた兄弟感が正解だったと確信しました。尊龍がいたから広斗ってこうなんだ、血が繋がっていないからこうなんだ、血が繋がっているから雅貴ってこうなんだ、と。兄弟の性格が間逆で、血が繋がっていない僕が一番長男に憧れて、長男のような性格になってるっていう。
TAKAHIRO:偶然だよね。
登坂:スタートしたときは、そこまでは考えていなかったんですが、今回、工さんが雨宮兄弟に入ってきてくれたことで、点と点が線に繋がりました。そういった雰囲気が、作品を通して兄弟感として表現できていると思います。

——無意識に繋がっていると。

登坂:そうですね。不思議です。
TAKAHIRO:ほんとうに偶然の産物でした。狙ってやったわけではなく、自分達がやり易いようにやっていて。日頃からプライベートでも飲みに行ったりしていたので、それを活かしつつ、この役をお互い全うできればいいなと思っていたんです。そこに工さんが入ってきてくれて、自ずと答え合わせができたような。これで良かったんだ!って。今までやってきたことが間違ってなかったんだと感じることができました。

——現実のお二人も性格やキャラクターが対照的だったりするんですか?

TAKAHIRO:どうですかね、でも・・・女性は好きです(笑)

——(一同爆笑)そこは一致してるんですね(笑)。

登坂:そうですね(笑)。でもTAKAHIROさんは、普段から雅貴のまま(笑)。だから演じていても違和感がありませんでした。僕はあんなに冷酷ではないですけど(笑)、そもそもこの兄弟役に、普段プライベートでも僕達が一緒に過ごしているのを、HIROさんがご存知で選んでくれたので、やり易さはありました。

——なるほど。では、斎藤工さんが演じる尊龍について、TAKAHIROさん・登坂さん個人としてどう思われますか?

TAKAHIRO:先に僕らが現場入りしていたんですが、工さんが入ってきたタイミングで尊龍の魂がスッと入って、なんの違和感もなく雨宮兄弟でいられました。工さんが撮っている様子を僕もモニターで見ていたんですけど、男でもみとれるほどカッコ良い。尊龍という役も勿論ですが、工さんご自身が男らしさもありつつ、さらに隠しきれない色気に溢れている。それがまたアダルトな大人の雰囲気。自分に無いものを感じて憧れて、「俺もああなりたい」って登坂に一回相談したんです。そうしたら、笑い飛ばされて。
登坂:あれは一番笑った(笑)。
TAKAHIRO:本当に傷つくレベルで笑われました(笑)。笑い飛ばすってこういうことを言うんだなと。

——そうなんですね(笑)。でもTAKAHIROさんも十分色気があるように思いますが・・・。

TAKAHIRO:工さんのように、話すトーンを抑えて、口数も減らして、話す内容も考えようとしたんですけど、「逆に体調悪いと思って心配されるだけです」って(笑)。

——TAKAHIROさんも憧れて真似してしまうくらいカッコ良いんですね。登坂さんは如何ですか?

登坂:本当にカッコ良かったですね。役としても『HiGH & LOW THE RED RAIN』までのシリーズは雨宮兄弟二人でやってきて、それでも多くのキャラクターが登場するHiGH & LOWシリーズの中で、雨宮兄弟というキャラクターは特別な存在だったと思う。尊龍はそんな二人を足したような存在。モニターで工さんが尊龍を演じるシーンを(TAKAHIROと)一緒に見ながら「カッコいいなぁ」と話していました。
TAKAHIRO:監督よりも真っ先に「さっきのテイクの方がいいですよ」って盛り上がっていたくらい(笑)。
登坂:(笑)。
TAKAHIRO:なんか持っているんだよね、工さん。良いところで風が吹いて、前髪がフワってなったりするんです。

——それは凄いですね!どのシーンでしょう?

TAKAHIRO:『HiGH&LOW THE MOVIE』の最後のシーン。『HiGH & LOW THE RED RAIN』の予告編なんですが。そのシーンをいちばん最初に撮影したんですが、そこからもう、心を持っていかれました(笑)。僕らも置いていかれないように、気合いが入りました。

—— なるほど(笑)。また、本作では最後の“アイスのシーン”がファンの間で話題になりましたよね。広斗のツンデレな部分が感じられたりして。最近お二人で過ごされていて、登坂さんのツンデレを感じられたエピソードはありますか?

TAKAHIRO:最近はスケジュールがなかなか合わなくて。ツンデレというか・・・役との共通点でもありますけど、つれないんですよね。
登坂:そんなことないですよ(笑)。
TAKAHIRO:たまにスケジュールが合って食事に行くと、ドキドキしちゃって(笑)。(登坂は)落ち着いているし、そもそもがクールなんで。一方的に僕が話し続けているんですが、途中でハッと気づいてとてつもなく恥ずかしくなる(笑)。
登坂:そんなことないですって(笑)。
TAKAHIRO:それで恥ずかしさを埋めるようにお酒を飲むっていう悪循環(笑)。今年、雨宮兄弟三人で食事に行ったんですけど……。

—— いつ頃ですか?

登坂:今年の1月下旬くらいですね。
TAKAHIRO:工さんも口数が少ないタイプですし、(登坂は)この落ち着きっぷり。僕ばっかり話していて。
(一同爆笑)
登坂:本当に雨宮三兄弟そのままの感じでしたね。工さんも凄く面白い方で、でも口数が多いわけではなく、尊龍っぽい。お寿司屋さんだったんですけど、僕もこんな感じなので(TAKAHIROが)場を盛り上げてくれて。
TAKAHIRO:静かじゃないですか、お寿司屋さんって。二人がこんな感じで(落ち着いて)なので、僕がまたひとりで話し続けているから恥ずかしくなっちゃって、ガンガンお酒を飲んで酔っ払うという(笑)。
登坂:(笑)。でも、すっごい楽しかったです。
TAKAHIRO:工さん、日頃お酒を飲まないんですけど、この日は少し飲んでくれて。
登坂:そのままバーに移動して、三人でカラオケしましたね。工さんも歌ってくれました。

—— 何を歌われたんですか?

TAKAHIRO:何歌ったっけ?!
登坂:工さんはアナ雪を歌ってくれました。
登坂:けっこうネタっぽくではあったんですが、台詞もしっかり入れ込んで言ったり、歌もすごくうまかったです。
TAKAHIRO:さすが役者さんでしたね。

—— 豪華で楽しそうなカラオケですね!今回は主題歌もお二人がご一緒に歌われてますよね。

TAKAHIRO:そうですね。主題歌の「TIME FLIES」は、ACE OF SPADES×PKCZ(R)feat.登坂広臣(※(R)は正式表記はマルアール)としての楽曲。前作『HiGH&LOW THE MOVIE』の時も一緒に歌ってたんですけど、ACE OF SPADESがこれまで発信してきた土臭くゴリッとした力強い王道ロックに、PKCZ(R)(※(R)は正式表記はマルアール)の世界観と登坂の歌声が混ざり合うことでいい化学反応を起こして、ロックサウンドとダンスビートの融合を体現した、斬新でスタイリッシュなデジタルロックになっています。お互いの良さを上手く融合できたと思います。(劇中歌の)「THE RED RAIN」は、撮影で海外にいる時に「この曲どうですか?」と登坂が提案してくれたんです。僕も聴いた瞬間に惚れてしまって。HIROさんに提案させてもらって決まったんですが、映画と共に思い入れのある楽曲をテーマ曲として挿入できたなと。レコーディングをしながらも、お互い色々な発見が出来ました。アーティスト半分、キャラクター半分のような、不思議な気持ちでレコーディングしました。アーティストとしても、役者としても色々な吸収が出来る活動でしたね。まだ「THE RED RAIN」は一度もファンの皆さんの前で披露したことが無いので、機会があればいつか披露したいですね。

—— 登坂さんはいかがでしょう?

登坂:僕としても、「HiGH&LOW」シリーズはTAKAHIROさんと一緒に前作も今作も歌わせてもらって。以前から「何か一緒にやりたいですね」と話していたんです。よくカラオケにも一緒に行っていたので。

—— そうなんですね!TAKAHIROさんと登坂さんでのカラオケはどんな曲を歌われるんですか?

TAKAHIRO:色々歌うよね!
登坂:そうですね。EXILEの曲とか。
TAKAHIRO:一章の時のとかね。
登坂:一緒に歌わせてもらったり。TAKAHIROさんが三代目の曲を歌ってくれることもありますよね。
TAKAHIRO:「花火」を歌いました。
登坂:声質も凄く似ていることもあって、一緒にハモったらキレイですよねと話していたんです。それが今回実現できてうれしかったですし、特に「THE RED RAIN」でバラードを一緒に歌えたのが思い出に残っています。

—— その「THE RED RAIN」は登坂さんからTAKAHIROさんへご提案されたんですよね。二人で歌ったらいいんじゃないかとピンと来たのは、どんなことなんでしょう?

登坂:この物語での兄弟感やストーリーを含めて考えていた時に、昔貰ったデモ曲にこの「THE RED RAIN」が入っていたんです。それをたまたま移動中に聴いたら、映画の世界観にすごくハマると思って。すぐTAKAHIROさんに聴いてもらいました。
TAKAHIRO:前からイメージは話していたんですよ。エンドロールでの流れ方とか。そのイメージにハマる曲としてピンと来ました。

—— その時にデモ曲を、たまたま持っていたというのも凄いですよね。

登坂:そうですね。この曲は、いつか絶対に世に出したいと大事にしていた曲。三代目で出すのか、自分のソロ曲として出すのか、タイミングを見計らって温めていたんです。
TAKAHIRO:三代目のライブに出るキッカケが出来た(笑)。
登坂:出てくれるんですか?でも本当に運命的な感じでした。レコーディング直後に、工さんにも(「THE RED RAIN」を)送ったんですけど、凄く感動してくださって。
TAKAHIRO:凄く文学的に返ってきたよね(笑)。
登坂:長文で返ってきましたね(笑)。曲を送ったのが、ちょうど工さんが(本作の)アフレコ録りに向かう途中だったんです。僕は知らなかったんですが、「丁度これからアフレコを録るところで、気持ちを作るところだったから、このタイミングで聴くことができて最高です」と言ってくださって。そういう細かいタイミングが一つ一つ繋がっているのが不思議で、縁のある曲だなと思いました。

—— 雨宮兄弟の絆が生んだ奇跡的な作品だったんですね。貴重なお話をありがとうございました!

終始、笑いと和やかな雰囲気の中行われた本インタビュー。TAKAHIROも登坂も、雨宮兄弟と同じく、女性は勿論、男性も憧れるような魅力溢れるキャラクターの持ち主だった。
壮大な世界観の中に紡がれる、激しくも切ない兄弟の物語——ぜひその目でご覧になってみては如何だろうか。

■『HiGH & LOW THE RED RAIN』

●STORY
3人は、ガキの頃から
ずっと一緒のはずだった……

いつも無邪気に弟を笑わせる兄・雨宮雅貴(TAKAHIRO)、
感情を顔に出すことのない弟・雨宮広斗(登坂広臣)。
対照的なふたりだが、目に見えぬ絆で結ばれていた。
彼らには心の底から尊敬する長兄・雨宮尊龍(斎藤工)がいる。
幼い頃に両親を亡くした三兄弟の絆は固く、
尊龍は弟たちに「拳は、大事なもん守るために使え」と言い聞かせていた。
しかし一年前、尊龍はふたりの前から突如姿を消してしまう。
それから弟たちは兄の行方を探し続けていた。
ふたたび巡ってきた両親の命日。
尊龍が現れることを期待し、雅貴と広斗は家族の墓を訪れる。
が、そこに現れたのは兄の行方の手がかりを持つ謎の少女・成瀬愛華(吉本実憂)だった。
なぜ尊龍は、雅貴と広斗を残して姿を消したのか?
尊龍の行方を追って次々と真実が紐解かれるとき、雨宮兄弟の過去に隠された秘密が明らかとなる。
そして三兄弟のたどる運命とは——。

●キャスト
TAKAHIRO
登坂広臣
斎藤工
吉本実憂 / 岩田剛典 鈴木伸之 町田啓太
山下健二郎 佐藤寛太 佐藤大樹 藤井萩花 坂東希
濱田龍臣 小野寺晃良 吉沢太陽
長谷川初範 中村達也 早乙女太一 渡邉紘平 三浦誠己
小木茂光 片岡礼子 中井ノエミ 矢野 浩二 近江谷太朗
石黒賢 / AKIRA / 飯島直子 / 岩城滉一

>ACE OF SPADES×PKCZ(R)feat.登坂広臣「TIME FLIES」試聴&ダウンロード

TOPICS

ランキング

ジャンル