top_line

男性に「俺がいなきゃ!」と夢中にさせるには?

愛カツ

大好きな彼氏ですからこちらが思う以上に、相手にも思ってもらいたいところ。

ちなみに男性の多くは、頼られてこそ「彼氏として必要とされている」と感じるとのこと。

そこで今回は、俺がいなきゃ!」と思わせるポイントについてピックアップしてみました。

ときどき抜ける

男性の多くは「女性より優位に立ちたい」と思っています。完璧な女性に「補助」は不要。あなたがあまりに完璧すぎると、男性は自信喪失してしまいかねません。

彼の前でときどき「抜けて」いたり「ドジ」な姿を見せられたりすると、彼も「こいつは俺がいなきゃ……」と感じてくれるはず。デートに行くときに完璧なプランを練っていませんか? 彼の前で失敗してしまったときに、つい強がったりしていませんか?

もし思い当たる節があるなら、もう少し自然体のあなたで大丈夫。あなたの見せるその「弱み」こそ、彼氏がかわいいと思うポイントです。

ときどき頼ってくれる

人に頼るのが下手な人は、基本的に「自分ひとりでやらなければ」と考えているので、人になにかを任せられなかったり、任せたと思えば丸投げで一切手を貸さなかったりすることがあるようです。

「いつも頼る」は依存的なイメージを与えてしまうのでNGですが、「まったく頼らない」だと必要とされている感じがしませんよね。「ときどき頼る」というのがポイント。

「頼る」というと、かまえてしまうのなら、日々の小さなことを「一緒にやってみる」を意識してみて。「ここだけ確認してくれる?」とお願いしてみるのも◎。「抱え込み」と「丸投げ」の「間」を作ってみてください。

彼の行動に感謝する

彼がなにかしてくれたときに、申し訳ないなという思いから「別に良かったのに」「ごめんね」という言葉を返してしまうことはありませんか?

そう言われてしまうと、男性は「余計なことだったのかな」「ありがた迷惑なのかな」と感じてしまいます。あなたが伝えたいのはそんなことではないはず!

彼がなにかしてくれたら、第一声は「助かった」「ありがとう」と言えるように意識してみてください。「でも無理しないでね」というのは、そのあとに言ったほうがあなたの真意が伝わります。

おわりに

多くの人は、他人から「必要とされる」ことで喜びや安心を覚えます。ただ、どんな形で必要とされたいのかは人によって違いますから、頼ったり引いたりして相手の反応をよく観察してみて! こういうことは頼っても良さそう……というラインが見えてくると、ふたりの距離もぐっと良いものになるはずです。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル