top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

モテる条件のひとつ「家庭的」料理以外でアピールするには

愛カツ

「男性は家庭的な人が好き!」という説、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

その中で必ずと言っていいほど言われるのが、“料理ができること”。結婚相手はどういう人がいい?という質問でもだいたい項目として挙がっています。

しかし内心(どうしよう、私、料理は苦手……)と思っている人も少なくない様子……。

そこで今回は、料理以外で“家庭的”をアピールするためにはどうすればよいのか、についてまとめてみました!

結論から言えば、料理ができなくても家庭向きな雰囲気を出すことは可能です。

では早速、男性はどういうところを見て「家庭的な人だ」と判断するのか見ていきましょう。

臨機応変な対応ができること

いろいろな物事に対する好き嫌いが激しかったり、こだわりが強すぎたりすると、一緒にいる相手が疲れる疲れる瞬間も多くなってしまうかも……。

このタイプの人は「これはこうするべき」「なんでこうじゃないの?」といった固定観念も強い傾向にあるため、一緒にいる相手からすると「融通が利かない」と思われることも。

もちろん、その感覚が一緒ならば問題ありませんが、“すべてが一緒”な相手はそうそう現れません。

感じ方は人それぞれ。たとえそれが付き合っている相手でも、考え方や意見がちがうことは当たり前だととらえて、話し合う姿勢を大切にしていきたいところですね。

自分の考えばかりを通そうとするのではなく、ときには相手を尊重して臨機応変に対応できると、お互いにストレスなく過ごせるはず。

「これからずっと一緒にいたい」と考えているのは、あなただけではなく、きっと相手も同じ。

ともに家族になっていきたいのであれば、ゆっくりと時間をかけて、2人の気持ちをすり合わせていきましょう。まずはそこがスタートです。

身の回りが整理整頓されている

部屋の中や会社のデスクなど、身の回りが整理整頓されていることも、“家庭的”な条件のひとつ。

ただし、表面的に片付いているだけではなく、“機能的かどうか”も重要なポイント。

シンプルでカッコいいとか、見栄えがいいのはたしかにステキです。が、それ以上に「一緒に暮らしたときに楽に過ごせるかどうか」も、無意識のうちに見ているのかも。

「将来は一緒に暮らしたい」と思っているときこそ、細かいところも意識するはずです。

できることころからで構いませんので、“手入れが行き届いている空間”を目指していきましょう。

身につけるものに手入れが行き届いている

服はもちろん、かばんや靴など……

身につけるものに手入れが行き届いていると、「家庭的だな」と思う男性も多いようです。

服にはきっちりとアイロンをかける。カバンや靴は汚れていないかチェックする。これだけでもしっかりできていると、マメな印象を与えられます。

先ほど“身の回りの整理整頓も大切”とお伝えしましたが、将来を考える男性にとってはやはり“相手がマメな人かどうか”は重要なようですよ。

結婚を考えると家庭的な人を選ぶ

この記事で紹介したポイントは結婚を考えている男性にとって、判断要素になるものばかり。

身の回りが綺麗に整っていると、“自分の日常を大事に生きている”というポジティブな印象を与えられます。

また、手間を惜しまないその姿をみて「結婚しても大丈夫かな」と思うはずです。

毎日忙しくしているかと思います。いきなり全部をやらなくてもいいです。

まずはできることから少しずつ、やってみてくださいね。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル