top_line

【オリックス2020予想投手スタッフ】充実の先発陣で“投手王国”誕生も

週刊ベースボールONLINE


オリックス・山岡泰輔

【オリックス2020予想投手スタッフ】
■先発
 山岡泰輔
 山本由伸
 榊原翼
 K-鈴木
 張奕
 荒西祐大
△アルバース
△田嶋大樹

■中継ぎ
 近藤大亮
△海田智行
△吉田一将
 比嘉幹貴
 澤田圭佑
△山田修義
△山崎福也

■抑え
 ディクソン
 増井浩俊

※△は左投げ

 リーグ屈指の先発投手陣の形成も夢ではない。山岡泰輔、山本由伸の2本柱を筆頭に榊原翼、K-鈴木、張奕、荒西祐大、田嶋大樹らコマは十分にそろうとあって、開幕先発ローテーション争いは熾烈を極めるだろう。

 ただ、長いシーズンを考えれば不安もある。全員が20代とあって、シーズンを通して先発ローテを守った経験を持つのは山岡のみ。昨季もシーズン中盤以降は不振や故障で先発ローテの再編を繰り返した。先発投手陣が最大のストロングポイントだけに、昨季の経験を糧に、盤石の布陣形成は浮上の最低条件となるだろう。

 先発陣が安定すれば“先行逃げ切り”の必勝パターンが確立され、大型連敗も不安も減る。今年はオリンピック開催による1カ月のペナント中断をうまく活用しながら、離脱者を減らしたいところ。比嘉幹貴、海田智行のベテランを中心とした救援陣の負担を減らすためにも、先発投手の安定感が求められる。

写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル