top_line

福島の避難区域は今、野生動物の楽園となっていた(米調査)

カラパイア

no title

 福島の第一原子力発電所事故から9年が経とうとしている。今でも事故現場周辺は立入禁止となっており、そこで暮らす人間は誰もいない。

 米ジョージア大学が最近行った研究によると、人が住まなくなった避難地域では膨大な種類の野生生物が繁殖していることが明らかとなった。

 その間、自然と動物たちは人間に奪われた土地を取り戻そうとたくましく生きてきたようだ。

Wildlife captured on video in Fukushima

人の立ち入りが制限された区域で20種の動物が確認される


 今回調査の対象となったのは、原子力発電所周辺にある「放射能汚染がもっともひどく人間が立ち入れない区域」「中程度の汚染レベルで立ち入りが制限されている区域」「背景放射はあるが滞在が許可されている区域」の3ヶ所だ。

 この区域に106台のカメラを設置し、120日間で撮影された26万7000枚の写真を分析したところ、イノシシ、ニホンノウサギ、ニホンザル、キジ、アカギツネ、タヌキといった20種が「人が住めなくなった区域」で確認された。 

 イノシシなどは、人間が支配している地域に比べて、4倍も生息数が多く、おそらくはこれまで利用できなかった資源を手に入れられるようになったことが原因だろうという。

8


動物の生息数に最も影響を与えていたのは人間の活動


 分析の結果、放射線レベルは、動物の生息数や分布にほとんど関係がなかったそうだ。

 それよりも人間の活動レベルや動物のテリトリーが影響を与える主な要因であることが判明している。人間が活動していない地域であればあるほど、動物たちは繁殖していたのだ。

6


 唯一の例外はニホンカモシカだだ。警戒心の強いニホンカモシカは、普通なら人間に近寄ることを好まないが、少なくとも今回の調査では、人が暮らす地域に仕掛けられたカメラの前に姿を現していた。

 その理由について、研究者は、避難区域にはイノシシが多かったため、種の競争が激しいためではないかと推測している。

4


人が消えた地域は野生動物の楽園になる


 これまで動物の存在や健康状態を対象とした調査はあったが、今回のように全体的な生息数を対象とした調査は数少ない。

 研究者によれば、こうしたデータは、人間の存在が放射線より動物の生息数に影響を与えることを示すユニークな科学的知見であるそうだ。

10

 今回の研究では、動物の健康状態は調べられていない。とはいえ仮に放射線による健康への影響があったのだとしても、少なくとも全体的なレベルで確認できるものではないし、長期的な個体数にも影響はないようだ。

 なお、似たような現象はウクライナのチェルノブイリでも確認されている。こちらは現在、ヒグマ、バイソン、オオカミ、オオヤマネコ、モウコノウマといった哺乳類や200種を超える鳥類が生息する野生生物の楽園になっている。



 この研究は『Frontiers in Ecology and the Environment』に掲載された。

References:Study shows animal life thriving around Fukushima/ written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル