top_line

「どうして話を聞いてくれないの?」と思わせる男性が、実は考えていること

愛カツ

「好きな人と会話が弾まない」「彼って私の話、聞いてないなあ」と感じる女子は少なくないよう。

でも、男性が女性の話を聞き流しているとは限らないそうです。

「話を聞いてないから気持ちが冷めた?」「話してるのは私ばかり」と思っていたとしても、男性の心の中の動きを知ると、そんなイメージが変わるかもしれませんよ。

「この話のオチは?」

「彼女の話にオチが見えなくて、この話はどこに着地するの?ってときは聞き流しちゃうこともあるかも。集中して聞いてられない時がある」(26歳・男性)

一部の男性は、女性の話は道筋や結論がわかりにくく感じ、会話に集中するのが難しく感じるときもあるそうです。

女性同士では話題の共有だけでも楽しく時間を過ごせるものですが、苦手とする男性もいます。

そうはいっても、毎回オチを意識して話すのも難しい。

「相談なんだけど」「話を聞いてくれるだけでいいんだけど」「笑えることがあったの」というように、どんな姿勢で聞けばいいのか前置きをしてあげるだけで、男性も話に集中できるようになるようですよ。

「今、何をしてるかわからないのかな」

「運転中や読書中など、僕が何かに集中しているときに限って彼女が話しかけてきます。無視する気はないけど、ほかのことをしてるのわかるでしょ。『なんで返事くらいできないの?』って言われても……ねえ」(30歳・男性)

電話しながらメモを取る、車を運転しながら彼女の話に相づちを打つ、そんな「ながら作業」が苦手な男性は多いようです。これらを楽にでき、器用な女性にしてみれば「なんで返事くらいできないの?」と思ってしまいがち。

彼が空返事の時は「そういう性質なんだ」という割り切りが必要です。いきなり話し始めず「ねえ」と声をかけたり、軽く触れたりしてから話しかけるだけで、男性も話を聞く体制になれますよ。

「それ、前も言ってたよね?」

「彼女が『前髪作ろうかな』と言うので『前も切ってすぐ、失敗した!早く伸びて!ってずっと言ってたじゃん』と返したら険悪なムードに。余計なこと言わなきゃよかったよ」(24歳・男性)

「オチがなく、答えが出ない」トークが得意な男性は少数派。解決策を示すことがコミュニケーションと思っており、それがダメなら「もうどうしていいかわからない」と思うことも。

とはいえ、「うんうん、って私の話を聞いてくれるくらいできないの?」と彼のコメントに目くじらを立てると会話自体がなくなることに。「前も言ったけどまた思ったの」と受け流すと「そっか、でも俺は長いほうが好きかも」と、急に会話が成立するかも?

「聞き役に回るか……」

「彼女は海外ドラマが大好き。僕にも『見て!!』っておすすめポイントを説明してくれるけど、正直、まだ見てないのでよくわからない。一緒に見よう!って誘ってくれるなら見るけど、推しポイントをしゃべってる彼女を見るだけでも十分楽しいので……。聞き役に回ってます」(31歳・男性)

女性が一人でガーッと話している状態だと、相づちを打つだけになってしまう男性も多いもの。

つまらないのではなく「楽しそうに話してる彼女を見てるだけでいいや」という状態になっている人も。聞き流しているのではなく、彼なりに楽しんでいることもあるようです。

とはいえ、相手の理解が追い付いているか、確認しながら話すのは大事なこと。彼からの意見はちゃんと受け止めてあげるのも楽しく会話するポイントですよ。

おわりに

男性は、女性とアクションが違うことも多いでしょう。

すぐに返事がなく、反応が薄い男性を「私の話を聞いてない」と決めつけるのは早いかも。女子とコミュニケーションのスタイルが違うだけで、楽しく過ごしたい気持ちは同じはず。

思い通りの反応じゃなくても、イライラせず気長に接してみてくださいね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル