top_line

田中圭、横浜流星&清野菜名の主演ドラマ出演に「『あな番』コンビや!」の声『シロクロ』

テレビドガッチ


清野菜名&横浜流星がW主演を務める日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第1話が1月12日に放送。インターネット上では、まさかの人気俳優登場に歓喜の声があがった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、謎のヒーロー&ヒロインが、警察やマスコミも触れない「隠れた真相」を大胆に暴き、世の中のグレーゾーンにシロクロつけていくシニカルミステリー。清野は、囲碁棋士の川田レンを、横浜は、大学で精神医学を学ぶ一方、「メンタリストN」としてテレビにも出演している森島直輝を演じる。

過去に「天才囲碁少女」と呼ばれたレンは、思い込みの強さやネガティブな妄想が仇となり、負けがこんでいた。そんな彼女が、親代わりである加賀春男(升毅)の囲碁喫茶でバイトをしていると、女性への性的暴行疑惑が持ち上がっている国会議員・上坂が「ミスパンダ」によって成敗されたことを知る。ミスパンダは世の悪人を懲らしめる謎の女性。レンは初めて彼女のことを知り、興味を持った。

一方、直輝は全日テレビに勤務する報道記者で彼女の佐島あずさ(白石聖)の頼みにより、メンタリストNとしてテレビ出演。しかし、自分には向いておらず「二度とやりたくない」と愚痴をこぼす。あずさとテレビ局の廊下を歩いていると、IT企業の社長で報道番組のコメンテーターも務める江本達郎(和田正人)の姿を見かけた。あずさ曰く、彼の会社で働いていた女性スタッフが、オフィスから飛び降り自殺。その女性は自殺する直前、包帯を顔中に巻き「醜い私……さようなら」と話す動画をネットにアップしており、整形失敗を苦にして自殺したとされていた。この事件について直輝は、謎の男・Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から“白黒”つけるように指示を受ける。

自身のネガティブさを治療すべく、精神科医・門田明宏(山崎樹範)の診療を受けに来たレンは意中の相手・直輝とばったり。彼から「またパンケーキを食べに行こう」と誘われ、心躍らせる。後日、デートをしていると、直輝がこちらを向きながらパンケーキにシロップをたらした。その光景を見たレンは、だんだんと意識が遠のいていく……。その日の夜「パンダーー!」とビルの屋上で叫ぶミスパンダ。そんな彼女に直輝は「さぁ出番だよ」と語りかけた……。

自殺した女性スタッフの葬儀中、突然現れたミスパンダ。謎を残して死んだ彼女の無念を晴らすべく「アタシが白黒つけるから」と、突然自殺を図ったオフィスに侵入した動画を公開する。そこで、ある事実が浮かび上がる……。その後、直輝は事件に関わる人物をおびき寄せ、気絶させた後、生配信をスタート。ミスパンダの手により、全国民に真相を明かしていく。

インターネット上では、謎が残された様々な展開に「直輝くんとレンちゃんの出会いが知りたいな……」「色々謎なんだけどこれから楽しみだ」といった声が。さらに田中圭がエンディングの重要なシーンに出演。「『あな番』コンビや!」と喜ぶ声もあがっていた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル