top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

愛欲に溺れた政治秘書・司の秘密…「女囚セブン」第6話レビュー

music.jp|テレビ・映画

愛欲に溺れた政治秘書・司の秘密…「女囚セブン」第6話レビュー(C)music.jp|テレビ・映画 剛力彩芽主演の女刑務所を舞台にしたテレビ朝日系列ドラマ「女囚セブン」。5月26日(金)に放送された第6話は、謎の政治秘書・司が仮出所を前に動き始めるが…。

“仲間の芸妓を殺した芸妓”として刑務所に収監された神渡琴音(剛力彩芽)。そこで待っていたのは、共同室のアクの強い女囚たちだった。情報屋の坂本奈津(安達祐実)や後妻業の津田桜子(平岩紙)、元ヤンシングルマザーの市川沙羅(トリンドル玲奈)、全身整形ナースの矢島千鶴香(橋本マナミ)らは、女刑務官・百目鬼幸子(宍戸美和公)に脅され、いろんな手口で琴音の殺人事件の真相を聞き出そうとするが失敗。最後の刺客として近づいて来た囚人ボス・平塚うめ(木野花)も琴音は味方につける。
なんと琴音は冤罪で、百目鬼やうめを手ごまにし、黒革の手帳の在り処を血眼になって探っている人物の正体は、法務大臣の内藤裕次郎(高嶋政伸)だとわかった。うめとタッグを組んだ琴音は、いよいよ反撃に出るための準備を開始する。

内藤法務大臣の陰謀が動き出す!

いよいよ自分を冤罪に仕立てあげた真犯人は内藤法務大臣だと突き止めた琴音。一方、内藤はなかなか黒革の手帳の在処を探り出せないことに苛立ちを隠せずにいた。秘書の本郷和也(寿大聡)を殴り飛ばし「楠瀬を一刻も早く出所させろ」と伝える。どうやら謎だらけの政治秘書・楠瀬司(山口紗弥加)となにやら繋がりがあるらしい。

そんな中、仮出所が近づいてきた司の元に、女性議員・高見沢楓(中谷さとみ)が面会にやってくる。
世間では総理大臣が辞任を表明し、次の選挙に誰が出馬するのかに注目が集まっていた。楓は、内藤が総裁選に出馬して総理大臣になれば、自分が法務大臣就任の可能性があることを伝える。「早くここを出て、またわたしを支えてちょうだい」という楓の言葉に司は胸を熱くする。「だからこそ、あのことは秘密よ」という楓に対して司はうなずき、面会室のガラス越しに手を合わせる。なにやら怪しい雰囲気ムンムンである。

仮出所を前にした司

司は内藤の裏操作により、早く仮出所できるよう“パロール審査”と呼ばれる仮出所前の指導を受ける。これまでとは打って変わって妙に周囲に優しく接し始めた司に、女囚たちは戸惑う。さらに桜子や沙羅がどんなに小馬鹿にしても、崇め奉る勢いで楓に心酔している様子。
そんな中、テレビで内藤が出馬するというニュースが流れる。内藤の横で楓が司とペアのダイヤのネックレスをしていることを発見した司は、それを見て微笑む。実は司と楓はデキていたのだ。その様子を琴音は見つめる。

ある日、奈津の提案で同じ共同室の女囚たちで司の誕生日を祝うことになる。こっそりケーキとうめ特製のどぶろくを用意。お祝いを始めようとしたところ、司が思いもよらぬ言葉を発言する。
「これは規則違反だぞ!」
懲罰になって仮出所が出来なくなることを恐れたのだ。さらに、自分に優しくするのは政治家と繋がろうと見返りを期待してのことだろうと、皆に暴言を吐く。
それを境に、女囚たちの司へのいじめが始まってしまう。トイレにいる司に水をかけたり、司を出所させまいと刑務官たちに匿名で脅しの紙を送りつけたり。さらに掃除中、沙羅と桜子、千鶴香、奈津で司を追いつめ、またケンカが始まる。こっそり琴音は聞いていたが、沙羅が司に発言を謝れと土下座を強制し始めたところに割って入り、なんと琴音が土下座。なんとかその場を収める。

広告の後にも続きます

琴音VS謎の政治秘書・司

その後、司と2人きりになった琴音はここでいつもの反撃開始!
「土下座一つできないなんて、プライドの高いエリートどすな。メンタルの弱いこと」と罵りつつ、実は司が刑務所に入ったのは、政治資金規正違反で楓の罪を被ったためだという真実を言い当てる。
刑務所に入る前、司は秘書として楓を支え、女性が躍進できる社会を作ろうと2人でノートに夢を綴り合うほど、純粋に世の中を変えようとしていた。
「先生と私は太陽と月、無垢すぎる先生を支えている」と楓に心酔する司だが、その楓が心酔する内藤法務大臣が問題だと指摘する。
「人に心酔しすぎるということは自由を奪われることだ、というようなことをスナフキンも言ってはりましたけど」となぜかここで琴音がスナフキンを例に出したのがツボ。

司は内藤の腹黒さを聞くが…

ここでうめが現れる。これまでうめが同室の女囚たちを使って琴音の事件について聞き出すように上から命令を受けていたこと、その命令したボスは内藤だということを明かす。うめは家族を人質にとられて操られていた。
また琴音は、政治家の不正の記録が書かれた黒革の手帳を持っていたために芸妓の雪乃(寺川里奈)は殺され、その罪を琴音にきせた真犯人も内藤だと全て話す。

腹が真っ黒な内藤に心酔する楓も同じ腹黒なのでは? もしくは内藤に楓が騙されているのではないか? 
さらに琴音は、内藤と楓がデキているのではないかと芸妓としての勘を話すが、司は大きなお世話だと言って出て行ってしまう。
マインドコントロールを解くのは他人にはできないと、いつもと違って一歩引いた琴音だが、純粋な人間を騙す内藤に対しては苛立ちを見せる。

真実を知る司

その後、楓が司の面会にやってくる。内藤が総理大臣になることはほぼ確定だと楓が話す中、ふと司の頭に琴音の言葉がよぎる。楓は内藤に騙されているのではないか? 
そこで司は「崇高な目的のためには多少の犠牲も、手段を選ばないことも必要だと思う」と本心でないことを話して、吹っかけてみた。すると楓は「同じことを考えていた。小さな犠牲はやむを得ないと内藤先生も仰っていたわ」と答える。2人で崇高な夢を見、ノートにいかなる犠牲もあってはならないと書き誓い合った頃の純粋な楓はいなくなってしまった…。司の顔には悲壮感が浮かぶ。
面会後、一人になった司の目には大量の涙が溢れ出る。
琴音が現れ、ここで決め文句! 
「罪は犯す人が悪いんやない。犯させる人が悪いんや」

それを聞いた司の目が変わった。司は楓と一緒に作ったノートを破り、共同室の皆に暴言を吐いたことを謝る。
本当に崇高な目的のために共に戦ってくれと、手を差し出す琴音。司はそれを受け入れる。
琴音は共同室の皆にも、自分を冤罪でここに押し込めたのは内藤だと話す。さらに琴音は、脱獄の計画を提案するのだった。

その頃、琴音の育ての親である女将・一条涼(梶芽衣子)は、置屋に大金を届けてきた人物が誰なのかを独自に探り始めていた。
内藤の元に舞妓の小春(久住小春)と共にやってきた涼は、内藤の机の上を見て、はっとする。
帰り道「どうりで敵は大きいはずや…」つぶやく涼は、琴音を冤罪に仕立てあげ、置屋に大金を送ってきた相手は、法務大臣の内藤だと確信する…。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル