top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

友人の顔がいくつあるか知ってるかい?そして衝撃の真実…藤原竜也主演「リバース」第7話レビュー

music.jp|テレビ・映画

友人の顔がいくつあるか知ってるかい?そして衝撃の真実…藤原竜也主演「リバース」第7話レビュー(C)music.jp|テレビ・映画 友人の顔がいくつあるか知ってるかい? 藤原竜也主演、TBS系列ドラマ「リバース」。5月26日(金)に放送された第7話。本当の話を聞きたければ、本気で立ち向かうしかないのだ。

勘違い

事故現場で谷原が見た、キーホルダーのてんとう虫デザインの情報を持って、長野県警を訪ねる小笠原。手書きのてんとう虫のデザインを見せた途端、昔の同僚が「あっこれ」と声を上げる。地元の人はすぐわかる何かだったのか…そこで月命日で訪ねてきた昌子と再会する小笠原。
「約束を果たす、最後のチャンス」と昌子に解決を誓う。
ところで、もう何軒目かわからない総合病院を当たる深瀬は、入り口に貼られた病院レクリエーションの写真で河部こと、「カワちゃん」を発見する。院内を探して程なく本人を発見。声をかけたところ、愛媛の友人からすでに「追悼文集を作ろうとしている深瀬という男」の話を聞いていたようで、あっさり話が通じる。
しかし、態度はかなり悪い。やはり彼女も深瀬たちを「人殺し」と思っているのだろうか…古川同様、「河部」にも頭を下げようとした次の瞬間、「川本です、私」と遮られる。「カワちゃん」は2人居たのだ…!
ぐう、と唸る深瀬…面白すぎる。グウの音って、出るのね。
さらに川本は、広沢について今までの誰とも違う見解を示す。違う顔があるのだと忌々しそうに吐く。
「誰にでも優しい人って結局みんなのこと傷付けるんですよ」と腹に一物、二物ある口ぶり。
「ほんとは知らない顔だってあるのに、みんな見たいことしか見てないもん」と口をつぐむ。
まあ、ただの八方美人、ともいう…でもそういう人って、寂しいのではないのかなあ。ある意味、深瀬や古川のようなものを親友の位置に置いていたのだって、そんな孤独なもの同士、分かり合える側面があるからではないだろうか。

最高のイヤミスってやつですか

浅見・村井・谷原が(一番集まりやすい)深瀬のアパートに結集する。ちょうど、愛媛の松永から、2学年下の卒業アルバムが送られてくる。本物の「カワちゃん」こと、河部さんの顔を確認するためだ。
みんなの見守る中、アルバムをめくる深瀬。
…実は、一度「もしや?」と疑ったことはあった。事件のことで深瀬を責めたことがあったからだ。しかし、それでもアルバムの写真を見ると、衝撃が走った。「カワちゃん」こと「河部」は「河部美穂子」だった。
母子家庭になって、「越智」と姓を変えた、「美穂子」だったのだ。
そして、ここで衝撃の展開が止まらないのが、湊かなえの世界。
「あっ」と最初に声をあげたのは谷原だった。電車事故の時、一緒に居たマスコットガールは、河部美穂子だった。病院で川本の写真を見せられて、「河部」と聞いて妙な顔になったのはそういうことだったのだ。さらに、村井も顔を曇らせる。選挙事務所のボランティアスタッフだという。
そう、みんなが知っていた。美穂子は広沢と将来を約束した彼女だったのだ。唯一接触がないのは浅見だけだったが、学校の敷地外からじっと浅見の姿を確認していたことが回想される。
その事実が判明したうえで、美穂子が「送ってもらった」と待ち受けにしていた夕焼け写真をよくよく見返すと…深瀬が送った写真と違う! その写真を送ってくれた彼ーー美穂子が母に語っていたのび太くんのような彼は、深瀬ではなく広沢のことだったのか。

次回第8話は、6月2日(金)よる10時から放送

広告の後にも続きます

深瀬は美穂子とどう接触するのか…第8話は、TBS系列で6月2日(金)よる10時から放送。

「リバース」公式サイト
http://www.tbs.co.jp/reverse_tbs/

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル