top_line

12星座別・彼女を束縛したがる男性ランキング

愛カツ

12星座別に彼女を束縛したがる男性をランキング!

好きと思われることはうれしいけれど、束縛はやっぱり勘弁してほしいところ。

愛あるがゆえに彼女を縛りがちになるのは、いったい何座?

まずは2位から見ていきます。

2位:うお座(2月19日~3月20日生まれ)無意識に束縛

うお座の彼氏は、自分が彼女を束縛している自覚はほとんどないでしょう。

でも、おうちデートやイチャイチャすることが好きで、結果的に彼女を束縛するような状況になりがち。

寂しがり屋なところがあるので、離れていると「何しているの? どこにいるの?」と詮索したがり、長電話やLINEの連投をしてしまいそう。

とはいえ、かわいく甘えるのが上手なうお座なので、まったりとした二人の世界が楽しめる彼女はいいかもしれません。

無意識の束縛が強いタイプだといえます。

3位:おうし座(4月20日~5月20日生まれ)キミは俺のもの

所有欲が強いおうし座は、彼女を「自分のもの」と見なす意識が強め。

彼女を独占して思いどおりにしたいと考えることが多いでしょう。

そのため、自分が「休日はデートをする」と決めたら、彼女の意見をあまり聞かないかもしれません。

おうし座は思い込みが強く、ガンコなところがあるので、振り回されてしまう彼女が少なくないはず。

ただ、おうし座は基本的に奥手で本当に仲良くならない限り、本音は見せないタイプ。

強引さや束縛しがちな面も含めて受け入れられる女性が、彼女になるのでしょう。

4位:おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)知的に束縛

おとめ座の彼氏は、賢く恋をするタイプ。

情熱だけで突き進むことは少なく、好きになった女性を確実に落とすべく、計画的に行動します。

しかも、「俺の彼女はこうあるべき」という理想が明確で、あまり妥協はしたくなさそう。

おとめ座は自尊心が高く、自分からへりくだることが苦手なのもあり、彼女を思いどおりにしたいと考えてしまうでしょう。

彼女のファッションや言動に口出しをしたり、二人の関係性に細かなルールを作ったりして束縛するかもしれません。

5位:やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)娘を心配する父のように

やぎ座の彼氏は、基本的にあまり束縛に興味がありません。

でも、彼女に自分の理想を押し付けがちで、異論を許さないところがあるでしょう。

ファッションや振る舞い、交友関係に口を出したがり、それを束縛と感じる女性もいるはずです。

とはいえ、ストーカーのようにつきまとったり、やたらとLINEして「今何しているの?」と逐一聞いたりはしないでしょう。

やぎ座は依存体質ではないので、お父さんが娘を構うような感覚に近いのです。

また、価値観や好みが合う彼女からすれば、やぎ座は「私のことを細かく気遣ってくれる自慢の彼氏」になるはず。

彼女のタイプによって印象がだいぶ変わるかもしれません。

6位:かに座(6月22日~7月22日生まれ)彼女は身内

かに座の彼氏は、好きな人を自分のものにしたい願望が強いタイプ。

積極的に友人に彼女を紹介したり、付き合って早々に同棲を提案したりするかもしれません。

それは彼女を自分の身内とみなして、結婚まで視野に入れていることが多いため。

かに座の男性は結婚にあこがれを抱きやすく、彼女を家族同然に扱いがちになるでしょう。

本人に自覚がなくても、彼女のほうが「束縛されている」と感じることがありそうです。

7位:おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)束縛は面倒くさい

おひつじ座の彼氏には、それほど執着心がありません。

大好きな彼女には情熱的な思いを注ぎますが、束縛はするのもされるのも「面倒くさい」と考えるはず。

おひつじ座の男性は友だちと遊びに出かけたり、一人で趣味を楽しんだりすることが好きなので、ずっと彼女が一緒というのは逆に困るでしょう。

しかも男っぽくサバサバしていて、女々しいことは嫌いなタイプ。

彼女に浮気の疑いがあるなど、特殊なケースを覗いて束縛はほとんどないはずです。

8位:しし座(7月23日~8月22日生まれ)彼女に追いかけられたい

プライドが高いしし座の彼氏は、彼女につきまとうようなことはしません。

男っぽい性格なので、好きと思えば積極的に口説きますが、恋人同士になれば「愛される側」になろうとするでしょう。

彼女に追いかけられることはあっても、自分から彼女を追いかけ回すことはまずありません。

典型的な俺様系です。

ただ、しし座は意外に寂しがり屋なので、放置されると落ち込んだり、子どもっぽくスネたりしそう。

彼女を束縛はしないけれど、つかず離れずの距離でつかまえておきたいと考えるはずです。

9位:てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)束縛はみっともない

てんびん座の彼氏はスマートなジェントルマン。

彼女につきまとって束縛することを「みっともない」と考えます。

たとえ心の中でずっと一緒にいたいと思っても、行動にあらわすことはしないでしょう。

あくまで紳士的に、彼女が居心地良く感じる関係性を築こうとするはずです。

また、てんびん座は彼女がいても一人の時間を欲しがるタイプ。

ずっと彼女と一緒…というのは窮屈に感じるかもしれません。

二人きりで過ごすことは大切にしても、束縛するほどではないでしょう。

10位:みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)自立した大人の関係が理想

みずがめ座にとって、恋愛の優先順位はつねに高いわけではありません。

また、彼女を大切に思っても、「ずっと一緒にいなきゃいけないわけではない」と考えるでしょう。

自分の仕事や趣味が忙しくなれば、LINEやデートの回数が自然と減っていくはず。

会えない間は彼女に対して「キミも自分の時間を楽しんで」と思いますし、そこでやたらと会いたいアピールをする彼女には困惑してしまいます。

みずがめ座は自立心が旺盛な個人主義者。彼女を束縛することにほとんど興味がないでしょう。

11位:ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)サッパリ付き合いたい

ふたご座の彼氏は、サッパリとしたお付き合いを好みます。

どんなに彼女を大切に思っても、一人になれる時間を欲しがるでしょう。

適度な距離を保った恋人関係をベストと考えます。

しかも、ふたご座は他人のプライベートに深入りすることを嫌うタイプ。

離れている時に、彼女に「今何しているの? 誰と一緒? どこにいるの?」といった詮索はしないし、そもそもあまり興味がないはず。

束縛とはほぼ無縁でしょう。

1位:さそり座(10月24日~11月21日生まれ)深い情熱が束縛になりがち

好きになったら一途で情熱的なさそり座の彼氏。

彼女とはいつも一緒にいたいと考えますし、友だちであっても彼女に馴れ馴れしくする男性には敵意を感じるでしょう。

さそり座は自分が思う以上に心配性で嫉妬深いタイプ。

疑うところなんてないのに、「誰かが彼女をねらっているんじゃないか」「心変わりしてフラれるんじゃないか」と気が気じゃないはず。

彼女の行動を制限するようなことを言ったり、LINEを送る頻度が高かったりと、束縛度は高め。

ただ、そうした束縛はさそり座が深い愛情を抱くがゆえなのです。

12位:いて座(11月22日~12月21日生まれ)彼自身が束縛嫌い

いて座は基本的に、「自分は自分。他人は他人」という割り切った考えの持ち主。彼女であってもあまり干渉しません。

よく言えば自由にさせてくれる彼氏ですが、悪く言えばほったらかし。

そもそも自分が束縛されるのを嫌うので、同じ感覚で彼女をやたらと構うことはしないのでしょう。

とはいえ、いて座の彼氏に愛がないわけではありません。

サッパリと恋したいタイプの女性はちょうど良い距離感で仲良くできるはずです。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)

 

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル