top_line

自滅確定…。初デートでやってしまうと取り返しのつかないこと

愛カツ

初デートって、「とりあえずアリかナシか」をジャッジする部分がありますよね。

そのため、NG言動をとってしまうと、男性から1発アウトの対象になりかねません。

「この子はナシだから次行こう!」と気持ちを切りかえられてしまい、LINEさえ即ブロックされる可能性が。

そこで今回は「初デートでやってしまうと取り返しのつかないこと」についてご紹介します。

1.名前を間違える

「アプリで知り合った女性から、なぜかずっと『マサさん』と言われていた。もちろん本名は全く違います。
ほかの男と間違えているんだろうなと思いつつ、一度も指摘できませんでした」(32歳/人事)

名前の間違いは失礼だし、一発アウト案件……! 

特に婚活真っ最中だと、一度に色んな男性とやり取りをします。男性のプロフィールがごっちゃになり、顔と名前が一致しないことも。

でも、どんなにオシャレや会話を頑張っても、これじゃ何の意味もありませんよね。

最低限、デート前に相手の名前は見返しておきましょう。

2.本人の気付いていないところで、清潔感がない

「初デートで、ロングヘアの子と夕飯を食べにいきました。
でも姿勢や食べ方が悪かったのか、髪の毛が料理の中にダランと入っていて……。
その姿を見た瞬間『汚いな』と思ってしまいました」(29歳/IT)

自分では気づかない些細なところを、案外見られているもの。

食事の前に手を拭かない、ベタベタと髪の毛を触る、ふと目に入ったバッグの中身が汚いなど……清潔感がないと男性も一歩引いてしまいます。

オシャレだけじゃなく、ひとつひとつの丁寧さに重点を置くことも大切です。

3.態度に出すのに言葉にしない

「初デートだったし、とりあえず近くのカフェに入ったんです。でも混んでいたからか、不機嫌そうな雰囲気……。
でもその後予約していた店に行ったときは、終始ご機嫌でした。わかりやすいけれど、毎回気を使いそうで面倒に感じました。
向こうからLINEが来たけど、1回で会うのをやめました」(28歳/印刷)

「こんな混んでる店、マジあり得ないわ」と女性から無言の圧力を感じるこちら。ちょっと印象が悪いですよね。

初デートで緊張しているからこそ、男性もビクビクしてしまいます。

あからさまにイヤそうな態度を取るくらいなら、自分から「もっと落ち着いたところで話しません?」と声を掛けるべき。

それか「今日混んでますね~!」と、会話を膨らましましょう。

おわりに

どれも無自覚に相手を不快にさせているから厄介なもの。初デートを次につなげるためには、予習や準備が必須!

見た目だけ取り繕うのではなく、心にも余裕を持たせて挑むようにしましょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル