top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

Official髭男dismの「ビンテージ」に込められた深い意味

UtaTen

Official髭男dismの「ビンテージ」に込められた深い意味

真っすぐに生きる人へのメッセージ



2019年10月9日ヒゲダンはメジャー1作目のフルアルバム『Traveler』をリリースし、週間オリコンチャート1位を獲得しました。

そのアルバムの7曲目に収録されているのが『ビンテージ』です。

作詞作曲はピアノボーカルの藤原聡で編曲はOfficial髭男dism。「あいのり:African Journey」の主題歌にも起用されました。

『ビンテージ』もそうですが、ヒゲダンの音楽はどれも真っすぐに生きようとする人へのメッセージが感じられます。



思い出は「古いもの」という意味ではなく「ビンテージ」だと言うこの曲の一節で、聴き手が抱えた過去の傷跡を肯定してくれるかのようです。

「ビンテージ」のOfficialVideo


▲Official髭男dism – ビンテージ[Official Video]

youtubeのヒゲダンOfficialVideoの『ビンテージ』の動画は、2019年12月現在で視聴回数530万回を越えています。

2019年10月15日にプレミア公開で配信された映像は、たくさんの人に再生され瞬く間に話題になりました。

ヒゲダンはサウンドに加えて歌詞もとても注目されています。

彼らのMVは字幕ボタンを押すと歌詞が表示されるようになっているので『ビンテージ』も歌詞を見ながら再生した方が多いのではないでしょうか?

OfficialVideoではメンバーがビデオカメラをまわしている姿が見られます。



やはり「ビンテージ」とは、記憶や思い出を意味していると考察できるのではないでしょうか。

すべて過去になってしまう「重ねる今」を想うとさみしくなることもあるかもしれませんが、それをただの「過去」ではなく「ビンテージ」だと思えば未来へと真っすぐに歩いて行ける気がします。

本当にキレイなものとは?





「キレイ」とはどういう意味なんでしょう。

傷跡やほころびのないものを一般的にはキレイと思いがちです。

しかし、その傷跡やほころびをみて「懐かしい」と微笑み愛しく思うことができたら、本当の意味のキレイを知ることができるのかもしれません。

記憶はすたれてしまうもの





人の記憶とは曖昧なものです。どんなに大切な記憶や思い出でも、忘れてしまったり塗り替えてしまったり。

また時に恥ずかしくなって過去が煩わしくなったりもします。

しかし本当はどれも、その時の「今」を嘘偽りなく過ごしてきた証だと言われているようです。

記憶や思い出を大切に描かれた『ビンテージ』を聴くことで、ポジティブな今と未来を想うことができるでしょう。


TEXT Imahashimiwa

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル