top_line

残念ながら…何度も「遊ばれてしまう女子」の特徴

愛カツ

もしかしたら、男に遊ばれた……という経験のある方もいるかもしれません。

そこでしっかり反省すれば、同じ轍は踏まないでしょう。しかし、なかには何度も繰り返してしまう人も。

では、「何度も遊ばれてしまう女子の特徴」とは?

みんなに好かれたい

「昔の私は、断るのが苦手で……。嫌われたくないと思っちゃうところがありました。みんなに好かれたいという気持ちが強かったせいでしょう。そのせいで、求められるとエッチしちゃってましたね」(28歳/美容師)

断わると嫌われる……という意識が強かったんでしょう。そうなると、みんなに好かれるためには、すべてを受け入れなければいけなくなってきます。

でも実際はそんなことはなく、むしろ受け入れたほうが変な噂が立ち、いろんなところに弊害が生じていくはずです。

男女の友情を信じている

「私は、『男女の友情は存在する』というタイプです。でも、そうやって気を許して付き合っていると、手を出してくる男性は多い。もしかしたら、エッチしても友情はあるんじゃないか……とも思ったけど、結果的に難しかったですね」(26歳/受付)

男女の友情に関しては、長きに渡って語られてきたところ。あるなしは明言できませんが、あると思っていた相手に手を出されたという話はよく聞きます。

あまり「友情はある」と固執してしまうと、そのあやまちを繰り返してしまうことになるのかも。

男運がないだけだと思っている

「20代前半のころは、変な男にばかり引っ掛かってました。浮気されたり、お金をとられたり……。男運がないんだと思ってたけど、違った。私に男を見る目がなかったんです。それに気付いて、遊ばれなくなった」(29歳/教育)

男運がないというのは、自分には何の責任もないということ。反省がないので、同じことを繰り返してしまうわけです。

見る目がないと気付き、自分に非があることを認めることで、やっと状況が改善されていくんですね。

自分のことが大好き

「私の場合は、遊ばれたとしても、遊ばれたとは思っていませんでした。遊ばれたとは思いたくなかったんですね。認めてしまったら、自分のことが好きではいられなくなりそうで……。だから結局、何回も騙されてました」(27歳/損保)

自分のことが大好きなんですね。きっとプライドも高いんでしょう。もしかしたら、自分のほうが「遊んでやった」ぐらいに思っているのかも。

そんな状況は、遊んだほうの男としてはラッキー。反省して改善しなければ、同じような男たちに、狙われていくことになります。

おわりに

たとえ遊ばれてしまったとしても、最小限の被害で食い止めることが大事です。

ダメなのは、反省もせず同じことを繰り返してしまうこと。しっかり改善して、次に繋げていきましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル