top_line

「ウルトラマン」脚本家・上原正三さんが死去 「帰ってきたウルトラマン」「ゲッターロボ」などのシナリオ担当

アニメ!アニメ!

『ウルトラマン』シリーズなどの特撮やアニメのシナリオを数多く手掛けた脚本家・上原正三さんが、2020年1月2日に肝臓がんのため死去していたことが報じられた。82歳だった。

上原正三氏は1937年生まれ、沖縄県出身。円谷プロダクションに入社後、『ウルトラQ』で脚本家として全国デビューし、『ウルトラセブン』や『怪奇大作戦』でもシナリオを担当した。
1969年にフリーになって以降も、円谷プロでは『帰ってきたウルトラマン』のメインライターを務めたほか、『がんばれ!! ロボコン』『秘密戦隊ゴレンジャー』『宇宙刑事ギャバン』など東映の特撮タイトルの脚本、『ゲッターロボ』などのアニメの脚本も数多く手掛けた。

2018年には、自身の少年時代を描いた初めての小説『キジムナーkids』で坪田譲治文学賞を受賞。近年は、体調を崩して自宅で療養を続けていたという。

TOPICS

ランキング(アニメ)

ジャンル