top_line

中村七之助と同棲恋人の年内結婚を阻む市川團十郎襲名の壁

女性自身

中村七之助と同棲恋人の年内結婚を阻む市川團十郎襲名の壁

滝川クリステル(42)&小泉進次郎議員(38)、TOKIO城島茂(49)など、数々のビッグカップルが結婚を発表した19年。オリンピックイヤーとなる20年も期待したいところ! そこで注目の熱愛カップル20組の年内入籍はあるのか? もしくは破局の可能性は? 芸能リポーターの長谷川まさ子さん、菊池真由子さん、城下尊之さんの3人に予想してもらった。

 

本誌が熱愛を目撃したカップルたちの行く末は気になるところ。美容師男性との半同棲生活を送る次世代のバラエティ女王・朝日奈央(25)の結婚確率は長谷川さん、菊池さんともに低めの予想。しかし、こんな声も。

 

「2人とも多忙で、すれ違う生活が続いたことで一時期は破局寸前だったそうです。しかし、熱愛報道が出たことでお互いの存在を改めて実感したそうです。彼はサロンの美容師とヘアーカットの講師を兼任しているのですが、朝日さんとの時間を作るために講師の仕事に専念しようかと考えているみたいですよ。今年の秋あたりに結婚を考えているとも聞いています」(芸能関係者)

 

昨年12月に元タカラジェンヌ・朝海ひかる(年齢非公表)と愛犬を散歩させる姿を本誌が目撃したV6・坂本昌行(48)。長谷川さんは「結婚してほしいという願望も込みで80%」と期待を込める。

 

「これまでジャニーズでは、各グループのリーダーは結婚しない傾向にありました。しかし昨年9月にTOKIOの城島茂さん(49)がついに結婚したので、年齢的にも次は坂本さんでしょう。また朝海さんは犬の散歩を代わりにするなどペットにも懐かれているほどの間柄なので、結婚する可能性は大いにあると思います」

 

そんななか、中村七之助(36)の前には壁が立ちふさがっている。14年から交際中の一般人女性と同棲生活をスタートさせていた中村。結婚間近とも見られている2人だが、城下さんは「今年は絶対に無理なんです」と断言。そこには歌舞伎界の“掟”があった。

 

「今年は市川海老蔵さん(42)が團十郎を襲名します。屈指の名跡である團十郎襲名という一大イベントに向けて歌舞伎界も総力をあげているときに、他に派手な活動をするのはご法度とされています。なので七之助さんが結婚を今年発表することはなかなか難しいはず。再来年以降に結婚できる可能性はあると思うのですが……」

 

酸いも甘いも経験した内野聖陽(51)の決断からも目が離せない。昨年5月、一部週刊誌に小山あずさ(34)との交際宣言をしていた内野。一路真輝(54)との離婚も経験した内野だが、菊池さんは再婚の可能性は「極めて低い」と語る。

 

「内野さん13歳のお子さんとの関係もとても良好と聞いているので、結婚はお子さんが大きくなってからでしょう。しかし、小山さんの年齢も考えると、“もう少し待って”と結婚を先延ばしするのもなかなか難しいはず。お互いの道を歩むために、別れるという決断もあるかもしれませんね」

 

昨年は4組の結婚を的中させた本企画。果たして熱愛カップルたちはどうケジメをつけるのか――。

 

「女性自身」2020年1月21日号 掲載

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル