top_line

NON STYLE石田明「見逃さないように凝視しといて」松下奈緒主演『アライブ がん専門医のカルテ』第1話に出演

テレビドガッチ


松下奈緒が主演を務める木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)が、1月9日からスタート。初回にはNON STYLEの石田明がゲスト出演する。

日本のテレビドラマとして初めて腫瘍内科を舞台にし、圧倒的にリアルながん治療の現状を取り扱う、医療ドラマとして全く新しい意欲作であると同時に、内科医の恩田心(松下)と外科医の梶山薫(木村佳乃)という2人の医師を中心に、腫瘍内科の研修医である結城涼(清原翔)、同じく研修医の夏樹奈海(岡崎紗絵)、腫瘍内科医の光野守男(藤井隆)、腫瘍内科部長の阿久津晃(木下ほうか)ら、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を、あふれるほど情感豊かに描く、この冬最も温かいメディカル・ヒューマンドラマ。

今回、石田は殿山俊樹という男性を演じるが、サプライズ感あふれる登場となっている。果たして殿山とはどんな人物なのか? どのシーンに出演するのか? そして心たちとどのように関わり合うのか?

<石田明 コメント>
――本作に出演の話を聞かれた際の感想をお願いします。

これまでお医者さんに引くほどお世話になってきたので、ドラマまでお医者さんのお世話になるとはと思いました。

――殿山を演じて、いかがでしたでしょうか?

めちゃくちゃ緊張しました。みなさん器具の使い方やタイミング、スピードなんかも決まっていたので迷惑かけないようにしなくてはとドキドキしました。

――視聴者へメッセージをお願いします。

みなさん、僕を見逃さないように凝視しといてください!

<第1話あらすじ>
恩田心(松下)は横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医。さまざまな症状のがん患者と日々向き合い忙しい毎日。この日、心は担当患者・高坂民代(高畑淳子)に再発の告知をしていた。民代にとっては幾度目かの経験で、軽口を叩き去っていく。一息つく間もなく、次は化学療法室から緊急の連絡。初日の研修医・結城涼(清原)と共に駆けつけると、初来院の男性患者が倒れていた。心たちが適切な処置を施し落ち着きを取り戻すが、紹介状に添えられたカルテを見て心は違和感を抱く。担当医である消化器外科部長の美川に生検を進言しようとするが「勝手に人の患者を診るな」と言われてしまう。仕事を切り上げ向かったのは別の病院。3か月前に事故に遭い意識不明となっている夫を見舞うためだ。少しの滞在の後、すぐに息子の蓮(桑名愛斗)を迎えに行き帰宅すると、義父・京太郎(北大路欣也)が出迎える。来ることは聞いていない。世話を焼いてくれるのはいいが、気を使う相手。公私共に息つく暇がない……これが最近の心の日常だった。

数日後、先の男性患者に検査をオーダーしようとすると、すでに受けていることがわかり、結果を見ると予想は的中。カンファで美川に確認しようとするも「勝手に検査をするな」と言われる。身に覚えがない心が反論しようとすると、自分が検査をしたと名乗り出る医師の姿が……。見慣れない彼女は別の病院から転籍して来た消化器外科医の梶山薫(木村)だった。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル