top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

親孝行で里帰り「ヒカキン」年収10億円を支える祖父の応援

SmartFLASH

 

 元日の午前10時45分。新潟県内の新幹線停車駅に、ひとりで降り立った人物がいた。いまや「日本一のYouTuber」として有名なヒカキン(30)だ。

 

 トレードマークの黒ぶちメガネを外し、キャップとマスク姿で、持ち物は「ルイ・ヴィトン」のリュックに、「Supreme」のキャリーケースというブランド品で揃えていた。赤いキャリーは目立つものの、乗客に彼がヒカキンだと気づく人は誰もいなかった。

 

広告の後にも続きます

 彼のチャンネルの総登録者数は、1500万人以上。通算100億回を超える動画再生回数による広告料と、芸能活動のギャラを合わせると、年収は10億円を超えるといわれる。そんな男が付き人もなく、ひとり電車を乗り継いで帰省したのだ。

 

 

 迎えに来た母親の車に乗り込むも、どこかお疲れの様子。前日の大晦日は、渋谷でカウントダウンイベントに参加し、そのまま徹夜での帰郷だった。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル