top_line

よろしい、ならば戦おう。深夜にこっそり庭を横切ろうとしたアライグマが人間に見つかっちゃったときの反応

カラパイア

0_e4

 ある日の深夜、2匹のアライグマが庭を通り抜けようとしていた所を、その家の住人がたまたま目撃したようだ。

 スマホカメラをアライグマに向け、撮影を始めた住人。アライグマの方も住人に気が付いたようで、その時の反応が、ある種の決意を物語っていたのだ。

Raccoons Cross Person’s Front Yard in Middle of the Night

 野生のアライグマは夜行性で、夜にアクティブモードとなる。そそくさと人間の家の庭を通り抜けようとしたのだが、その姿を見られてしまったようだ。

 カメラを向ける人間に対しひるむ1匹のアライグマ

2_e3

 だがもう1匹のアライグマは覚悟を決めたようだ。

 2足立ちし両手を広げ「よろしい、ならば戦おう」
 と威嚇のポーズ 

3_e1

 人間相手に戦おうというのだから勇敢だ。

5

 この後「あらいぐまのこうげき」が開始されたのかどうかはわからないが、野生に生きるアライグマも時には負けるとわかっていても戦わなければならないことがあるとかいう物語にしちゃっていいのかな?

 その仕草は人間にとってあまりにもかわいすぎなんだけど、もしかして「かわいい」の攻撃だったりもするのかな?

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル