top_line

コーヒーを混ぜるときは全力支援するオカメインコ

カラパイア

no title

 オランダに住むピーナッツという名のオカメインコは、毎朝、コーヒーを作るときは全力支援をしてくれるという。

 飼い主の腕にとまり、飼い主がスプーンでコーヒーをかき混ぜると、まるでキツツキが木を突くがごとく、ロックなリズムで体を揺らすのだ。

 決して偶然ではない。スプーンの動きをやめると、ピーナッツの動きもピタリと止まるのだから。

Bird Helps to Stir Morning Coffee

 まるで自分がコーヒーを混ぜているかのようにふるまうオカメインコのピーナッツ。飼い主の手の動きと連動しているかのようだ。

1

 飼い主がスプーンでかき混ぜると・・・
 ヘッドバンキングよろしく、頭を上下に激しく動かピーナッツ。

4

 飼い主が動きをやめるとピタリと止まる。
 でもってまた動かすとピーナッツも動く。
 その角度も変化させたりなんかして。

3

 もう飼い主は、自分がコーヒーをかき混ぜているのか、ピーナッツに操られているのかわからなくなってきそうだな。

 私もこんな高性能コーヒーかき混ぜ機能が搭載されたオカメインコが欲しい。コーヒーが普段の数十倍うまくなりそうだもん。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル