top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「人々が助け合うこの時代の熱さを伝えたい」竜星涼(綿引正義)【「ひよっこ」インタビュー】

もっとエンタメ

 高度成長期の日本を舞台に、茨城から集団就職で上京した有村架純演じるヒロイン谷田部みね子の成長物語を描いたNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」で、失踪したみね子の父親捜しを手伝う警察官・綿引正義役を演じている竜星涼。朝ドラ初出演の喜びの胸中と役者としての今後の抱負を語った。

 


-朝ドラ初出演ですが、オーディションに合格した時の気持ちは?

 山形の亡くなったおばあちゃんが唯一見ていた番組が朝ドラだったので、出られると聞いた時はすごくうれしかったです。もう少し早ければ、生きているうちに見せられたのですが、天国から見守ってくれていると思います。

-オーディションは今回が3回目。朝ドラ出演へのこだわりを感じます。

 やはり、田舎に住んでいる方や、早寝早起きのおじいちゃん、おばあちゃんたち、誰もが見ているようなドラマに一度は出たいという気持ちはありました。

-念願がかなっての朝ドラで演じる役は“警察官”ですが。

 最近は警察官役(ドラマ「小さな巨人」、映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』など)が多いので、時代や部署によっていろいろと違うことが分かります。警察の知識は誰よりもあるんじゃないかな(笑)。

-今回はどういう役づくりをしましたか。

広告の後にも続きます

 警察の指導で綿引の立場や警察官としての所作を習いましたし、普通の現代劇とは違い、時代劇のニュアンスがあるので、吉永小百合さんが若いころに出ていた作品のように、ゆっくり目のテンポではっきりとしゃべるように意識しています。それから、綿引がただの“いい人”で終わるのではなく、人々が助け合うこの時代の熱さを伝え、「今の時代にこんな人いる?」「自分はそこまで他人を思いやれるか?」と考えてもらえたらうれしいな…と思いながら演じています。

-ご自身とリンクするところはありますか。

 自分で言うのもなんですけど、素直で真っ直ぐで、ちょっとした熱さを内に秘めているところですかね(笑)。

TOPICS

ランキング

ジャンル