top_line

島には家が1軒だけ。世界最小の居住島「ハブ島」(アメリカ)

カラパイア

0_e5
Omegatron / Wikimedia Commons
アメリカとカナダの国境にあるサウザンド諸島の中に、人がぎりぎり住むことができるちっちゃな島がある。 「ハブ島」と呼ばれるその島にあるのは家が1軒と数本の木と、デッキチェアのみで、陸から切り離された家がプカプカと海を漂っているかのように見える。
Just Enough Room Island – Alexandria Bay, NY

1950年代、島に家を建てた一家

この島の面積は310平方メートル(3300平方フィート)。世界一小さな人の住む島だ。オンタリオ湖の北東端からセントローレンス川にかけて広がるサウザンド諸島の1,864の島々のうちの1つである。 この島は、1950年代に居心地のいい隠れ家としてサイズランド家が購入した。ここがサウザンド諸島の一部として認められるには、いくつかの条件を満たす必要があった。 家の面積が30.48平方センチメートル以上あること、家は島の上にあること、少なくとも1本の木があることだ。そのため彼らは木を植えた。 1_e10
Sergey Ashmarin / Wikimedia Commons
 

世界一小さな居住島としてギネス認定

サイズランド家の小さな家が正式に島だと認定された後、サイズランド家は、ギネスの職員が家のドアをノックしに来るとは想像すらしなかっただろう。 これまで、世界一小さな島は、大西洋上にあるシリー諸島に属するビショップ・ロックだったが、ハブ島はほぼその半分しかない。一目瞭然だ。 00
google map
その後、サイズランド家は、この島を新たにジャスト・ルーム・イナフ・アイランド(Just Room Enough Island)島と名づけた。 References:Just Room Enough Island/ written by konohazuku / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル