top_line

盗まれた犬、善意の輪による連係プレーで4日間かけて3200km離れた場所から飼い主のもとへ(アメリカ)

カラパイア

cover_e15
image credit:WeRateDogsR/Twitter

 去年10月、アメリカのモンタナ州の飼い主宅から知人に盗まれた犬が、2か月後に約3200km離れたウェストバージニア州で発見された。

 3200kmもの距離を移動するなら飛行機が一番だ。だがアメリカの国内線では、体重33kgを超える犬や犬種がピットブルである場合は搭乗が禁止されている。

 この犬はピットブルのミックスだったことから空路での移動は絶たれた。そこで犬の移動を支援する保護団体が犬の移動を手伝ってくれる人を募集したところ、多くのボランティアたちがこの呼びかけに応じた。

 犬を車で運び、リレーのように次の車に引き継ぐという連係プレーで、無事に飼い主のもとへ引き渡したのだ。

Pitbull almost home to Montana after 2,000-mile journey from West Virginia

2019年10月に愛犬が盗まれる


 モンタナ州に住む2児のシングルマザー、カサンドラ・ラムスセンさんは、去年10月に友人だと思っていた男性を宿泊させた時、大切なものを盗まれるという被害に遭った。

 その男は、カサンドラさん宅から財布やお金などの多くの貴重品を盗んだ他、一家が可愛がっていたピットブルのミックス「ズース」までも盗み去ったのだ。

a dog_e
image credit: youtube

 家族の一員である愛犬を盗まれたことが一家には何より辛く、カサンドラさんと娘2人は大きな悲しみに襲われた。

 しかし、その2か月後にズースは男と一緒にウェストバージニア州チャールストンにいるところを発見された。

 男は逮捕され、ズースは地元にあるカナワ・チャールストン動物愛護協会に保護されることになった。


ズース、飼い主とのビデオチャットに全身で喜び表す


 幸運にもズースにはマイクロチップが埋め込まれていたため、飼い主のカサンドラさんはすぐに特定された。

 カナワ・チャールストン動物愛護協会が、早速カサンドラさんにズースの身元確認をビデオチャットでしたところ、ズースはカサンドラさんの顔を見るや否や、カメラの前でクルクルと体を回して、興奮と喜びを全身で伝えた。

 同協会で働く動物行動の専門家ジュリー・・ハイプスさんは、このように話した。

dog3_e0
image credit: youtube

以前はこのような行動は決して見せなかったのですが、飼い主の前だと態度が一変しました。ズースは、ビデオを介して飼い主をすぐに認識したようです。とても興奮していました。

 カサンドラさん一家にとっても、ズースが発見されたことは大きな喜びだ。しかし問題は、カサンドラさん宅から約3200kmも離れた場所でズースが発見されたということ。

 ピットブルはミックスであっても、アメリカの航空会社への搭乗は許可されていない。空路を使った移動手段は不可能だ。

 そこで、長旅が必要な犬を輸送する支援を行っている『Many Paws Volunteer Transport』が一肌脱いだ。

dog4_e
image credit: youtube

ズースは4日かけて9州を車で移動


 Many Paws Volunteer Transportは、なんとかしてクリスマスに間に合うようズースをモンタナの家族の元へ返してあげようと、15人のボランティアたちがシフトを組み、連係プレーで州から州へズースを車に乗せて移動した。

 中にはズースと記念写真を撮るボランティアもおり、その写真はツイッターにも公開された。


 ズースは、4日間かけて9つの州をまたいで無事にモンタナ州のカサンドラさん一家のもとへと引き渡された。

 カサンドラさんと2人の娘は、ズースが盗まれてからというもの、「もう二度と会えないのでは」という覚悟も抱いていただけに、2か月ぶりに愛犬と再会できたことに大喜びし、メディア取材で、カサンドラさんは次のように語った。

協力してくださった皆さんには、感謝の言葉もありません。どのように気持ちを伝えればいいかわからないほど喜んでいます。本当にありがとうございます。

 このストーリーは、SNSでシェアされると更に拡散し、多くの人に感動をもたらした。また、Many Paws Volunteer Transportの働きにインスパイアされる人も続出した。

 Many Paws Volunteer Transportは、ボランティアの助けを借りて、犬が必要な場所へ行くのを支援するための組織団体の1つで、こうしたグループはアメリカ全土に存在しているという。事実、同団体では常にチームへの参加者を募集しているそうだ。

dog6_e
image credit: youtube

 ズースと飼い主が、クリスマスに間に合うように再会できたことはもちろん奇跡だが、その多忙な時期に多くのボランティアの協力が集まったことも、大きな幸運だったと言えるだろう。

 家族全員が揃って過ごすことができたクリスマスは、カサンドラさん一家にとって何よりハッピーだったに違いない。

References:Distractifyなど / written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル