top_line

テレビ界禁断の「口パク」事情…指原莉乃が「私はしてました」

SmartFLASH

 

 12月30日放送の『そもそもなんでダメなんだっけ?』(テレビ東京系)で、テレビ業界禁断の「口パク」にメスを入れた検証がおこなわれた。

 

 ダンスをしながら歌うことが多いアイドルが、本当は口パクなのかを当事者に取材。1970年代のアイドルからピンク・レディーの未唯mieに聞くと「口パクはしたことない」と即答。その理由を、「歌番組が生バンドだったので、したかったとしてもできない。少なくとも1970年代はなかった」と証言した。

 

 

 だが、未唯mieは「アメリカデビューしたときは口パクでした」と語り、「アメリカでは(口パクを)『リップシンク』と呼んで当たり前。レコーディングのクオリティをテレビでもお届けしたいということなのかな」と海外での方法論の違いや、番組や機材の都合でも変わるとした。

 

 1980年代のアイドルであるおニャン子クラブから渡辺美奈代に聞くと「おニャン子ではいないです。リアルにちゃんと全員が歌ってました」とコメント。だが、別の歌手で「1名は知っています」と語り、名前は明かさなかったが「音合わせやカメリハをしているとき、歌ってないのに歌が流れていた。で、『口パクされるんだ』って」と明かした。

 

 スタジオでは、昨年4月までHKT48だった指原莉乃に、スピードワゴンの小沢一敬が「どうアイドルは? 激しい動きのダンスあるじゃん。『歌えないだろ』ってシンプルに思っちゃうね」と質問。

 

 指原は「グループ全体で見たら歌ってますけど、私は口パクでした」と返答。その言葉に小沢は「優しいな。『誰かが傷つくなら私が傷つく!』って。めちゃくちゃいい奴じゃん」と絶賛。指原は「本当にみんな歌ってました」と話していた。

 

 口パクをめぐっては、12月17日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)で、ヒロミがゲストのDA PUMPのISSAに「10歳も離れている若い子と一緒に踊って歌ってるのがすごい。口パクにしたら?」とまさかの提案。

 

 だが、ISSAは周囲から「たまには間違えたほうがいいよ。それ、口パクだと思われるよ」と言われるほど、生歌にこだわっていることを告白。

 

 さらにDA PUMPのTOMOから、今ではアーティストの間で必須アイテムのイヤーモニターもISSAは使わないことが明かされ、その理由について、ISSAは「昭和の先輩たちに憧れてきた。意地でも使わない」と言い切るプロ根性を見せていた。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル