top_line

「戦略的無能」無能なフリをすることで得られるメリットとは?【ライフハック】

カラパイア

iStock-675597504_e
ilkercelik/iStock

 海外のビジネス関連の記事では、最近「戦略的無能(Strategic incompetence)」という言葉が良く使われている。ひょっとしたらあなたも知らず知らずのうちにこれをやっているかもしれない。
 
 戦略的無能とはできないフリをして気の進まない仕事を避けるテクニックだ。この言葉自体は最近登場したものだが、コンセプトは大昔からある。

 コピー機が紙詰まりしたとき、軽いパニックを起こしたフリをして誰かの手助けを待つ人を見たことがないだろうか。「僕が洗濯すると服が伸びちゃいそうで心配なんだ」なんて言い訳して、うまい具合に家事を避けているあなたも「戦略的無能」を使っている。

戦略的無能=期待マネジメント


 これを巧みに使いこなせば、周囲の人たちはあなたに特定の仕事を頼んでこなくなる。

 なんだか、ちょっとズルいような気もするが、なんのことはない企業が顧客との関係を維持するためにやっている「期待マネジメント」の個人版に過ぎない。

 顧客を満足させたいのなら、彼らが満足するようにきちんと行動すればいい。だが、それと同時に、顧客が求める満足の基準について少々考えてみることも大切だ。相手はそこまで望んでいない場合だってある。


あなたは良い人中毒になっていないか?


 ここに気をつけている人は案外少ない。人に良く思われたい、誰かに喜ばれたい、という気持ちが先走しり、その期待に応えるべく、直ぐに対処しようと衝動的な行動をとってしまうことがあるからだ。

 これを作家のエリザベス・ヒルツは「良い人中毒(toxic niceness)」と呼んでいる。彼女によれば、いい人中毒は圧倒的に女性に多いそうだが、もちろん男性にだってあるだろう。

 この視点から見てみると、戦略的無能は怠け者が面倒な仕事から逃げるためのズルであるとばかりは言えなくなる。

 上司や配偶者あるいは子供などに、要求されたことに対して逐一「はい」と応じるわけではないとわからせておくことは、良好な精神衛生を保つうえで絶対不可欠なことかもしれない。

iStock-1124414113_e
tommaso79/iStock

自分のペースを守ることは評価の向上にもつながる


 当たり障りないところから始めてみれば、あなたに対する周りの人の期待を調整するのは案外簡単なことに気づくだろう。最初はなんとなく悪いような気がしても、筋トレのようなもので、だんだんと慣れてくる。

 もし、あなたばかりが家事を押し付けられていると思うのなら、ひとつ選んでやらないと決める。さて、家族はどう変わるだろうか?

 職場で大至急の依頼メールばかりどっさり届いて頭がおかしくなりそうだというのなら、ひとまず数時間ほど返信するのを待ってみよう。

 メールを送信したら電光石火で返信してくれる人などと思われるより、24時間以内に必ず返信してくれる人という評価の方がずっと望ましい。なぜなら前者の場合、返信し忘れることなんていくらでもあるし、その程度のことで、あなたの評価が下がってしまうからだ。

iStock-928287818_e
Motortion/iStock

戦略的無能は全力で頼みごとに対応する人にのみ有効


 ただし「戦略的無能」は誰かを喜ばせようと懸命になってしまう人に有効なメソッドだ。

 そういう人は全て抱え込まないで、自分のペースを見極め、優先順位を決め、時にはのらりくらりやるのが良い。

 逆にいつものらりくらりで約束を守らず、言い訳ばかりしているような人が「戦略的無能」を使ったところで、下がっている評価が更に下がるだけだ。

 そういう人は自分が要領よくやっていることを見抜かれてないと思っているかもしれないが、周りの人は言わないだけで、実はちゃんと見ているものだ。

References:Oliver Burkeman: Strategic incompetence/ written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ジャンル