top_line

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」斎藤道三を演じる本木雅弘が戦国時代の茶の湯を追体験!「別世界へと飛び入る気持ちです

music.jp

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」斎藤道三を演じる本木雅弘が戦国時代の茶の湯を追体験!「別世界へと飛び入る気持ちです(C)music.jp 2019年12月28日(土)発売『家庭画報2月号』
12月28日(土)発売『家庭画報2月号』では、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で斉藤道三を演じる本木雅弘さん、陶芸家の細川護光さんをお迎えして、戦国時代に思いを馳せる“新年の茶事”を企画・掲載。また、2015年の初優勝以来、常にトップ争いにいる青山学院大学の密着取材を中心に“「箱根駅伝」の魅力”と題し、令和初となる箱根駅伝を特集します。

■本木雅弘さん、細川護光さんをお迎えして 戦国時代に思いを馳せる 新年の茶事
2022年のリニューアルオープンに向けて現在休館中の藤田美術館。その所蔵品を鑑賞する不定期連載の第三回は茶会仕立てでお届けします。お客さまは2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で斎藤道三を演じる 本木雅弘さんと、陶芸家の細川護光さん。細川護光さんは、肥後藩主細川家の家系を遡れば細川忠興につながり、忠興の妻・玉子(のちのガラシャ)は明智光秀の娘にあたります。お二人は浅からぬ縁を共有する間柄。ドラマの世界になぞらえて 戦国時代の茶の湯をよみがえらせました。


「明るい露地から仄暗い茶室へ。 別世界へと飛び入る気持ちです」 ── 本木雅弘さん
「茶を通した武将の交歓を想像してみるのは楽しいものですね」── 細川護光さん


■襷が繋ぐドラマを全力応援!「箱根駅伝」の魅力

今や、お正月の風物詩ともいわれる箱根駅伝。大学生による21チームが東京・大手町の読売新聞社前から箱根・芦ノ湖間、217.kmの距離を走り、10人で襷を●ぎます。驚異の四連覇を遂げた青山学院大学陸上競技部への 密着取材、箱根駅伝のレジェンド・渡辺康幸さんが語る展望、監督も選手ともに注目の 東洋大学ルポなどを通じて、その魅力をご紹介。起伏に富み、長距離であるゆえに、何が起きるかわからない箱根駅伝には、仲間とともに成長する学生スポーツの絆の極みがあります。令和初となる、今回のドラマもお見逃しなく!

実力拮抗の“戦国時代” 第九六回大会直前。汗と涙のドラマを振り返って
今や、箱根駅伝の顔。常勝軍団・青山学院大学 陸上競技部に密着取材!
陸上界に革命を起こした名将・原 晋監督 箱根駅伝王座奪還への想い  ほか

■<新連載>縁の人々が語る成田屋の魅力 團十郎白猿に、成る
2020年五月に十三代目市川團十郎白猿を襲名する 十一代目市川海老蔵さん。 歌舞伎界を牽引するこの大名跡を受け継ぎ、 伝統と革新に挑み続けるその姿を間近で目にし、 真の素顔を知る縁のかたがたにとっておきのお話を伺います。



『家庭画報 2月号』
特別定価/1,400円(税込)
『家庭画報 2号 プレミアムライト版』
定価/1,222円(税込)
発行/世界文化社

https://www.kateigaho.com



《目次》
美食・ウエルネス・くつろぎの時間がここにー
日本全国 感動のホテルへ

パリのトップフローリスト「オドラント」が来日 
ニッポン生まれの「花」に恋して

特別連載第三回 藤田美術館の新たな船出
本木雅弘さん、細川護光さんをお迎えして
戦国時代に思いを馳せる 新年の茶事

襷が●ぐドラマを全力応援!
「箱根駅伝」の魅力

ヴェルサイユ宮殿“王妃の村里”を守る人々

日本人のソウルスイーツ カステラを愛す

軽やかに、新たなお洒落を 今、進化する春バッグ

人生100年時代を健康で過ごすために
「正しい健康診断・人間ドック」活用法

《新連載》縁の人々が語る成田屋の魅力 團十郎白猿に、成る
《新連載 医学画報》日本の医療をリードする 名病院と病院長  ほか

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル