top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

玉鉄が背負いこむものが大きすぎて困惑しちゃう…玉山鉄二主演「犯罪症候群」第7話レビュー

music.jp|テレビ・映画

玉鉄が背負いこむものが大きすぎて困惑しちゃう…玉山鉄二主演「犯罪症候群」第7話レビュー(C)music.jp|テレビ・映画 貫井徳郎の大人気3部作、ついに初のドラマ化!! かつてないスケールの社会派サスペンスドラマ!! 人の弱みに付け込んだ犯罪展開に唖然…「あー」と口を開けたまま無になる!! 玉山鉄二主演、フジテレビ系列ドラマ「犯罪症候群 Season1」。5月20日(土)に放送された第7話は、武藤隆(玉山鉄二)と知り合いになった高梨道典(高橋光臣)の息子の和樹くんが誘拐され1億円の身代金を奪われ殺されました。その後1億円が燃やされていることがわかったのですが…逮捕された犯人の供述から1億円は偽札だったというのです。焚き火跡から発見された1億円は確かに本物だったのですが…。

前回の第6話では、環敬吾(渡部篤郎)と決別し権野探偵事務所に戻った武藤は、ティッシュ配りで身を隠し不倫調査を再開します。そのバイト先で出会った絵本作家の道典と仲良くなりますが、道典は大会社の御曹司で…息子の和樹くんが誘拐され殺害される事件が起こります。なんと1億円の受け渡し役として犯人が指定してきた人物が武藤だったのです。
今回放送の第7話では、1億円は犯人の手に奪われたものの、和樹くんは帰らぬ人となりました…。武藤の執念の捜査と環と鏑木護(谷原章介)の協力により犯人が逮捕されますが…。

誘拐事件の目的は金じゃない!?

絵本作家で、大企業フォルトの御曹司・道典と高梨美和(前田亜季)夫婦のひとり息子和樹くんが誘拐され1億円の身代金を要求され、その後1億円を奪われたまま和樹くんは殺害されました…。傷心しきった高梨夫妻に、1億円の引き渡し役にと犯人から指名された武藤は、ただただ頭を下げることしかできませんでした。〈悲しいことに…不幸を背負って生きる人たちがたくさん出てきて、みんな不幸顔になっている…(心が痛い)〉。
武藤は自分の力の至らなさにより和樹くんの命を救えなかったと思い、犯人を突き止めることに全力を注ぐことを誓います。一方、警視庁捜査一課の刑事・鏑木は、捜査一課長の浜村明彦(芹澤名人)に言いより、刑事部長の酒井信宏(古川悦史)に「自分も誘拐事件の捜査に加わることをお願いしたい」と頼んで、しぶしぶOKをもらいます。鏑木は武藤と誘拐事件について話をします。身代金として用意した1億円を奪われ、そしてなおかつ和樹くんの命も奪われ、その後1億円が燃やされていたことが、犯人が潜伏していた場所の焚き火の焼け跡から、お金の燃えかすが見つかったことによりはっきりします。鏑木も武藤もこの事件の意味不明なところに頭をかしげ「犯人の目的は、初めから金じゃなかったのかもしれない」と話をします。武藤を身代金の受け渡し役に指名してきたということは、道典と武藤の関係を知っている人物で、また、道典が大企業のフォルトの社長の長男だと知っているからこそ1億円の大金を要求してきたのだと見当を付け、武藤は今までの、自分と道典の出会いで起こったことの記憶を辿ります。
そして、ある日ティッシュ配りのアルバイト中に道典のところにやってきた威圧感のあるスーツ姿の男たちのことを思い出します。その時、連れて行かれようとする道典を助けようと前に出た武藤に対し、フォルト社長高梨道治(竜雷太)の側近・桜井秀人(相島一之)がお金で解決しようと武藤にお金を渡します。武藤はそのお金を払いのけるのですが、そのお金に群がるホームレスたちがいたのです…。その時の現場に行ってみると、あの時いたホームレスから有力な情報を入手することができました。最近姿を見せない、首に大きなやけどの痕のある男がいることを…。

脇を固める役者さんが渋めにいい感じ豪華です!!

映画や芝居をよく見ている方でしたら〜「あっ! この人見たことあるぅ〜」と思う人達もいるのではないのでしょうか。
*誘拐事件の犯人役でピエロの怖いお面をかぶっていた→高橋努(たかはし・つとむ、1978年8月23日- )は、日本の俳優。東京都出身。国士舘大学卒業。トライストーン・エンタテイメント所属。主宰する演劇チーム「渋谷ハチ公前」では作・演出も担当する。
*浮浪者役で登場→有薗 芳記(ありぞの・よしき、1960年10月24日- )は、東京都出身の日本の俳優。オフィスPSC所属。明治大学卒業後、1982年に第三エロチカに入団。1989年にMODEの公演に初参加、1990年に第三エロチカを退団し、以後MODEを中心に活動。2007年、「風林火山」にて河原村伝兵衛役に起用され、知名度を高めた。
皆さんも気になったら、検索してみてくださいね!

広告の後にも続きます

武藤の執念によって犯人は捕まるのですが…

武藤は浮浪者から聞いた、首に火傷の跡がある男が毎日のように出入りしていたというパチンコ屋に毎日通います。そしてついに首に火傷の跡がある男と、パチンコ屋に入る直前に遭遇します。武藤の異様な眼差しに気づいた男は逃げ出します。そして犯人はもう1人います。その男は、家の中で毛布にくるまり、おどおどと怖気付き、相棒の火傷男=山名隆行(高橋努)からの電話で、武藤の存在を聞くと怯え出します。この毛布ヤローの名前は梶伸介(鶴田亮介)です〈書きながら…あまりに憎くて、この2人のことをぞんざいに扱おうとする自分がいます〉。この2人は武藤を殺そうと呼び出します。武藤は自分が囮になり、追い詰めることで犯人を捕まえようと考えます。
その選択は危険と隣り合わせで、後から鏑木からこっぴどく怒られるのです。しかしまあ、環と鏑木の協力によりあっけなく犯人は捕まるのです。この事件は、あっけなく小さい男の子を殺害した[あっけな殺人]でした。なんとも…行き場のない怒りが残り、そして「ポカーン」と無になります。この2人は1億円は偽札だったと供述するのですが…焼け跡に残されたお札は確かに! 本物でした…。なんだかいやーな権力の匂いがプンプンしますね…。

次回第8話(最終話)は、5月27日(土)よる11時40分から放送

正しい人は誰ですか!?…衝撃のラストとなる第8話(最終話)は、フジテレビ系列で5月27日(土)よる11時40分から放送。

「犯罪症候群 Season1」公式サイト
http://hanzaishokogun.com/

見逃し配信、貫井徳郎の原作「失踪症候群」「誘拐症候群」 「殺人症候群」(双葉文庫)とあわせて、お楽しみください。

TOPICS

ランキング

ジャンル