top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

明かされる黒幕の正体…黒革の手帳の真実とは?剛力彩芽主演「女囚セブン」第5話レビュー

music.jp|テレビ・映画

明かされる黒幕の正体…黒革の手帳の真実とは?剛力彩芽主演「女囚セブン」第5話レビュー(C)music.jp|テレビ・映画 剛力彩芽主演の女刑務所を舞台にしたテレビ朝日系列ドラマ「女囚セブン」。5月19日(金)に放送された第5話は、老老介護殺人の老婆・うめのボケが進行し…!? ついに黒幕の正体が明かされる!

“仲間の芸妓を殺した芸妓”として刑務所に収監された神渡琴音(剛力彩芽)。そこで待っていたのは、共同室のアクの強い女囚たちだった。情報屋の坂本奈津(安達祐実)や後妻業の津田桜子(平岩紙)、元ヤンシングルマザーの市川沙羅(トリンドル玲奈)、全身整形のナースの矢島千鶴香(橋本マナミ)らは、女刑務官・百目鬼幸子(宍戸美和公)から指令を受け、いろんな手口で琴音の殺人事件の真相を聞き出そうとする。だが琴音は上手くはぐらかし、逆にそれぞれが刑務所に入った本当の理由や本心を言い当て、次々と味方につけていく。
なんと琴音は冤罪だった。無実を証明するために刑務所にやってきたという琴音…真の目的は?

謎の黒幕が動き出す

琴音のお陰で不倫相手であった院長の不正を警察に自白した千鶴香。そのことで院長は逮捕となり、千鶴香のヒステリーはいつの間にか落ち着いていた。「“芸妓(琴音)”のお陰」と語る千鶴香を横目に、琴音に本心を言い当てられ肩の荷がおりた奈津や桜子、沙羅らもまんざらではない様子。
その傍ら、老老介護で殺人を犯した平塚うめ(木野花)の不可解な言動が段々とエスカレートしており、ボケが進行しているのかと同じ共同室の女囚たちは心配する。
更に、これまで百目鬼に指令を出していた謎のボスが、自ら動き始めようとしていた。

一方、女将・一条涼(梶芽衣子)は置屋の玄関先に謎の包み箱が置かれているのを見つける。ふろしきを開けてみると、なんと正体不明の大金が入っていた。罪なき琴音を簡単に罪人に仕立てあげた、黒革の手帳に関係する人物の仕業だと察し、自分たちも彼らの陰謀に巻き込まれたことに気付く。

更生プログラムの強化週間開始

そんな中、花園女子刑務所では「被害者の気持ちを知ることによって再犯を防ごう」という趣旨のもと、更生プログラムの強化週間がスタート。
犯罪被害者の体験談を聞いたり、オレオレ詐欺の犯人役・被害者役に分かれての実演講習などをしていく中、琴音はうめが老老介護の末に夫と義姉を殺害するに至った背景を聞き、うめのことを気にかける。
うめは、家政婦をしていた良家にお嫁に貰われたが、夫と義姉が病気になり一人で介護を背負い込んだ。老老介護で殺人にいたってから初めて事実を知った息子夫婦は、犯罪者の家族と言われ苦労したのではないか、と共同室の女囚たちは話す。
そんな中、作業中にうめが突然「もう一人殺した…」と発言! 驚く奈津らは百目鬼たちに聞かれぬよう必死にうめの発言を誤摩化し、なんとかその場は治める。だが今まで老人には甘かった百目鬼が、うめにだけ厳しくなっていることに琴音は警戒していた。

広告の後にも続きます

ついに黒幕が明らかに…

次の日、研修で上の空だったうめはとうとう百目鬼に目をつけられ、うめを心配する琴音と共に呼び出されてしまう。
百目鬼はうめを例に、加害者が残された家族に苦しみを与えている現実を突きつけ、琴音の育て親である女将の置屋も経営が危うく、救えるのはお前だけだと話す。だから明日の研修後に、黒革の手帳の真実を話せと脅すのだった。
その言葉にはらはらと崩れ落ち涙を拭う琴音。こんなに琴音が感情を露にするなんて…まさか真実を話してしまうのか!?
だが百目鬼が去った後、突然琴音は「なーんて、泣くわけおへんやん」とすっくと起き上がる。驚くうめに、実はうめと百目鬼が組んで琴音を嵌めようとしていたことを知っていると言い出す。
なんと、これまで百目鬼を使ってあの手この手で琴音を追い込んでいた黒幕はうめだったのだ!
ここでいつもの反撃開始!
「もう一人殺した」と言ったもう一人とは自分のことでしょう、と介護でいつの間にか自分を犠牲にしてしまったうめの心を言い当てる。

琴音VS老老介護殺人・うめ

老老介護で夫と義姉の面倒を見ていたうめはあまりに疲れ果て、いつの間にか早く自分も死にたいと思うようになっていた。ある時、今まで痴呆症だった義姉が急に正気に戻り「うめちゃん、苦労かけたな」と声をかけてきた。自分が弟を殺してやるというのだ。さらに自分も殺してくれと頼まれ、うめは泣く泣く2人を手にかけたのだった。

「悪いのは、あんたはんに老老介護の辛い思いをさせたこの国どす」
とカッコイイいつもの京言葉での決め台詞! 
はらはらと崩れ落ちるうめ…ところが突然うめは「なーんて、泣くわけおへんやん」とすっくと立ち上がった。
そうやってあの子たちを落としていたんやねと、なんとうめの逆反撃開始!
「黒革の手帳を独り占めしたんだろ。手帳のありかを教えろ!」と琴音に詰め寄る。
うめはどうやら、黒革の手帳には脱税がらみの内容が書かれており、琴音がそれを独り占めしていると吹き込まれているらしい。それを聞いて、また琴音が笑い出す!

黒革の手帳に隠された真実とは

琴音はうめに、手帳にはいま権力を握っている人たちの不正の記録が書かれてあると本当のことを伝える。
その手帳を持っていたために仲間の芸妓・雪乃(寺川里奈)は殺され、琴音はその罪を着せられたのだ。
黒革の手帳のありかを知っているのは琴音だけ。だから狙われているのだ。

半信半疑のうめに、琴音を刑務所にぶちこんだ人とうめを手ごまに使っている詐欺師が同じ人物だったら信じてくれ、と詐欺師の名前をうめの耳元でつぶやく。その名前を聞き、うめは本当に自分が騙されていたことに気付き、崩れ落ちる。
詐欺師の名前は“内藤裕次郎”。なんと花園女子刑務所の支援にも力を入れている法務大臣・内藤裕次郎(高嶋政伸)だったのだ!

うめは、残された息子夫婦のことを面倒みてくれるという条件で内藤の言うことを聞いていた。 
「あんたはんは本当はこんなところにいるひとではない。だからウチと一緒に戦っておくれやす」
と手を差し伸べる琴音。うめはその手を優しく握り返すのだった。

さらにうめがもう一人見張っていたターゲットは、同じ共同室の謎の政治家秘書・楠瀬司(山口紗弥加)だと分かる。 
またうめと手を組んでいた百目鬼も、自分の父親が犯罪者だということで、内藤大臣から弱みを握られていたのだった。

そして同じ頃、世間では内閣総理大臣が辞任したことを告げるニュースが放送されていた…。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル