top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

広沢のことを知りたい、そして… 藤原竜也主演「リバース」第6話レビュー

music.jp|テレビ・映画

広沢のことを知りたい、そして… 藤原竜也主演「リバース」第6話レビュー(C)music.jp|テレビ・映画 舞台は四国へ…藤原竜也主演、TBS系列ドラマ「リバース」。5月19日(金)に放送された第6話は、広沢由樹(小池徹平)を知る旅に出る。

浅見が抱えて来たもの

直球の批判を生身に受けて深い傷を負った深瀬と浅見。特に浅見のダメージは大きいようだ。
村井が言っていた、「谷原と2人で何かを隠蔽しようとしていた」という部分について、ついに告白する。
「証拠を崖の下に捨てた」…これが、浅見と谷原が必死に隠してきたことだったのだ。
その証拠とは、車ではなかった。雪に落ちた、血痕部分を崖下に捨てたのだった。
広沢の血を調べられたくない、アルコールがバレるという谷原の判断に浅見は同意し、共に血痕を必死にかき集めては捨てたのだ。「罪深さとは」。それが、問われているように思う。
2人ですぐに谷下に駆け下り、助けに行けば広沢は生きていたかもしれない。しかし、谷原も浅見もまだ大学生だったのだ…そして、その事実を知ってなお、自分が無力だったことに苦しむ深瀬。
浅見は「自分はにせもの教師だ」とひどく落ち込む。どんなに悔やんでも命は帰らない。しかし、悔やまずにいられない。苦しさを乗り越えて生徒を指導した浅見をにせものではない、と断言する深瀬。
そんな中、浅見の生徒・藤咲莉子(山口まゆ)が行方不明になった、と副担任の森下泉(藤本泉)から連絡が入る。
やむなく東京に帰る浅見。

急展開

一方、意識が戻る谷原…! よかったね、よかったね! 電車に轢かれて復活した君は奇跡そのもの。
ところで、広沢の実家に泊まる深瀬の部屋をじっと見つめる人影あり。深瀬はその人影を追って、夜道を駆ける。しかし、逃げる方も追う方も…なんと言うか…へぼい。
噂通り、深瀬にかぶるような部分がある人物…古川(尾上寛之)だった。
深瀬に捕まった古川は陰険に笑いながら、深瀬に言葉の刃を向ける。「あんたら人殺しのくせに、なにかぎ回っとるんですか」…親友なのに、過去の解明よりも、今嗅ぎ回られる方が嫌なことなの…?

次回第7話は、5月26日(金)よる10時から放送

広告の後にも続きます

残されたパズルのピースは誰が持っている…?
第7話は、TBS系列で5月26日(金)よる10時から放送。

「リバース」公式サイト
http://www.tbs.co.jp/reverse_tbs/

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル