top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

もつなべコンビが取り調べに挑戦するも…!?天海祐希主演「緊急取調室」第5話レビュー

music.jp|テレビ・映画

もつなべコンビが取り調べに挑戦するも…!?天海祐希主演「緊急取調室」第5話レビュー(C)music.jp|テレビ・映画 仕組まれたワナを見破る真壁! テレビ朝日系列にて5月18日(木)に放送された「緊急取調室」第5話。早朝の通勤時間帯に、血染めのナイフを持った男。「狂人か!」サラリーマンの波がサッと二つに別れた。折よくそこに「もつなべコンビ」こと捜査一課の刑事・渡辺鉄次(速水もこみち)と監物大二郎(鈴木浩介)が現れて…。

前回(第4話)は…

映画や小説には高校教師と女学生の禁断の恋を描いた作品は以外と多い。欧米あたりではその逆もよくニュースで見る。
高校の教師・沢本愛(矢田亜希子)は、男子学生・春日俊介(平岡拓真)と付き合っている。その俊介が授業中、突然倒れた。教室には、他に29人の生徒がいる。その中で俊介は毒物を飲まされたらしい。

報告は所轄から警視庁、そして緊急事案対応取調班(通称・キントリ)の取調官・真壁有希子(天海祐希)のところまで来た。
教室にいた29人の学生を尋問することにした。だが、有効な証言は得られない。
突破口は教師の沢本愛か!
叩き上げ取調官の血が騒いだ…。

教師役の矢田亜希子は、天海祐希とは11年ぶりの共演。お互い人生経験を経たいま、女優同士のぶつかり合いは、いっそうの深みを見せていた。

第5話みどころ

雑踏の中を血だらけのシャツのままフラフラと歩く男を見て、近づきたいと思う人はいない。しかしそれが職業ならば仕方がない。
捜査一課の刑事・渡辺鉄次と監物大二郎が、男に職務質問する。
すると男は、今度は血がついたナイフを取りだし「朝起きたら、この包丁を握っていた。誰かを殺してしまったかもしれない」と言い出した。

まもなく男は旅行会社の社員・水越辰也(塚本高史)だと判明する。自分の部屋で目が覚めたら全身血だらけだったと言う。まるで映画「ゴッドファーザー」と同じだ。
まったく前夜のことは記憶がないと言う。
まんざらデタラメを言っている風にも見えず、職場の評判もいい。以前は海外ボランティアで活躍し、世界中の多くの人と交流がしたくて今の職業を選んだようだ。
鑑識班の調べでは、血痕は人の血に間違いなかった。しかしそれ以外の物証に乏しく、かんじんの被害者が見つからなかった。

捜査一課長・沢渡巌(三上市朗)は早急な事件解決を求め、真壁有希子ら緊急事案対応取調班(通称・キントリ)に取り調べを一任した。
ところが、水越を確保した渡辺と監物が、取り調べも自分たちでやりたいと申し出た。
ふだんから「パシり」と思われている悔しさから、取り調べぐらい簡単にできると考え、名乗りを上げたのだ。
しかしいざ尋問を開始すると、容疑者のノラリクラリの答弁に業を煮やし「オラ!サッサと吐かんか」と昔ながらの取り調べをしようとする監物刑事。さすがに「そりやマズイですよ」と止める渡辺刑事。
モニターの向こうでキントリ・メンバーの捜査一課刑事・菱本進(でんでん)、同じく中田善次郎(大杉漣)、小石川春夫(小日向文世)たちが笑っている。

取り調べの録音録画(可視化)を義務付ける「刑事司法改革関連法案」が可決(2016年5月)されて以来、視化設備の整った特別取調室では、取り調べ状況はすべて録画され、昔のような高圧的態度で容疑者から自供をとっても、裁判では証拠と見なされない。
だからこそキントリ・メンバーのような、訊問のスペシャリストが必要となってきたのだ。
けっきょく「もつなべコンビ」はお役御免。
幾多の犯罪事件において、容疑者の供述を引き出してきた真壁有希子の出番となった。

「丸裸にしてあげますわよ!」と水越辰也の第一の尋問が開始された。
それによると容疑者は、事件当夜、退社後に舵輪(=船の舵)を見たという。その証言をもとに渡辺と監物はナイトクルーズまわりを捜査することに。
彼らはやはりその方面の仕事があっている。
やがて、川沿いに停留しているクルーザーから、男が死んでいるのを発見。失血死である。
聞き込みの結果、酒場で男同士の刃傷沙汰があったことが分かった。
水越の会社も調べてみると、新入社員の福永絵梨(入山杏奈)の証言から、旅行会社は悪徳企業で、社員が泣かされていることも分かった。そのことで水越が「心配するな。俺が何とかする…」と言っていたらしい。
海外ボランティアで、小さな子供たちに接するうち義侠心が目覚めたのか。

だが真壁有希子は、普通の人がいとも簡単に手前勝手な理屈をつけて、犯罪に奔るところを何度も見ている。そう素直に水越の供述を信じるわけにはいかない。

なぜ彼が早朝の通勤時間帯に、血だらけのシャツを着て現れたのか…。
記憶喪失と言うわりに、断片的に事件の核心を小出しに証言するのは…。
再度、考え直してみることにした。
すると、水越の卑劣な行為が徐々に見えてきた。

第6話は5月25日(木)よる9時より放送

自殺と断定された女性が、実は…。次回第6話はテレビ朝日系列で5月25日(木)よる9時より放送。

「緊急取調室」公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/kintori/

⇒主題歌「最後は必ず正義が勝つ/AI」作品ページへ

TOPICS

ランキング

ジャンル