top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大掃除を効率よく済ませるには?どこからすべきかの順番からコツまで

dmenu占い


『大掃除』を年末の恒例行事とする家庭は多いのではないでしょうか?私たちの生活に根付く『大掃除』は、日本の古くから伝わる行事です。歴史や意味について、理解しましょう!また、体力のいる『大掃除』を効率的に進めるテクニックを紹介します。

そもそもなぜ年末に大掃除をするの?

1年の終わりが近付くと『大掃除』を意識する人も多いのではないでしょうか。いわれるがままにこなしていた『大掃除』も、意味を知ることで取り組み方が変わるかもしれませんよ。歴史を紹介します!

もともとの始まりは煤払いから

日頃の『掃除』の延長線上に考えられやすい『大掃除』ですが、もともとの始まりは『煤払い(すすはらい)』という行事です。

『煤払い』とは江戸時代から続く、年越し前に天井や壁などの『ほこり』『すす』を取り除く大作業を指します。

また、現在の大掃除とは異なり、『12月13日』に行うものとして決められていたことも大きな特徴といえるでしょう。

大掃除の時期としてはやや早いように感じますが、煤払いは『お正月を迎えるための準備を開始する日』に執り行われるものとされていました。

新年を迎える準備

『大掃除』『煤払い』と名前は異なりますが、どちらも『新年を迎える準備』です。

日頃から小まめに掃除したとしても、やはり『大掃除』には力が入りますよね。

家具の裏側や換気扇など、普段は後回しにしがちな場所も家族みんなで取り組む人も多いのではないでしょうか?

見た目には分からない場所でも隅々まできれいに仕上げたり、不用品を思い切って捨てたりすることで、気持ちもすっきりしますよ。

お部屋の中の1年の汚れを残さないことで、よい運気を呼び込みましょう!

きれいに整えて年神様を迎える

すっきりと整理整頓された環境のよい場所は、誰もが居心地よく感じるでしょう。

それは人間だけではなく『神様』にも同じことがいえます。

年末年始は、『年神様(としがみさま)』と呼ばれる神様が各家のご先祖様と一緒に家々にやって来て、家族と共に過ごします。

また、ご先祖様を連れて来てくれるだけではなく、家族の『健康』『幸せ』を運んできてくれます。

年神様とご先祖様、そして家族全員で心地よい環境でお正月を迎えられるよう、隅々まで大掃除をしましょう。

いつまでに終わらせるべき?

『大掃除』には明確なルールはありませんが、年末年始をゆっくりと過ごすためにも今年の『大掃除』はスケジュールを意識してみませんか?時間に余裕を持った過ごし方ができる大掃除のポイントを紹介します!

本来は12月13日から

広告の後にも続きます

現在の『大掃除』は、家族全員が休みに入った12月下旬ごろから始めることが一般的ですが、大掃除のもととなった『煤払い』は、『12月13日』からと開始日が定められていました。

なぜ、12月13日だったかという点には諸説ありますが、代表的な二つの理由を以下に紹介します。

  • 『大奥』の煤払いが12月13日だったため、その日取りにならった
  • 災いの一つである『物忌み』が12月13日であったため、家の中で過ごす風習があった

江戸時代は、煤払いに限らず『礼節・礼儀』『宗教観』が強く根付いていたため、世の中の動きに合わせて行事が進められていたようです。

正月飾りを飾り終える前に

もう1点、重要なポイントは『正月飾りを飾り終える前』までに終わらせておく点です。

『正月飾り』とは、『しめ縄』『門松』を指し、現在もこうした正月飾りは大掃除後に取り付ける家庭が多いのではないでしょうか。

いつ取り付けてもよいアイテムではありますが、とはいえ汚れが残った状態では、何となくしっくりこないものです。

お部屋の中はもちろん、家全体をピカピカに仕上げた締めくくりとして、お正月にふさわしい飾り付けを行いましょう!

掃除を始める前に 三つのコツ

いつもより気合いが入る『大掃除』は、ポイントを押さえて効率的にこなしましょう。誰でも簡単に取り入れられる大掃除のコツを紹介します!

大掃除のスケジュールを立てよう

『大掃除』を始める前には、まず『スケジュール』を立てましょう。

一見、結び付かない組み合わせかもしれませんが、事前に『何をしなければいけないか』『どこを掃除するか』をリストアップしておくことで、順序立てて掃除を進めることができますよ。

例えば『断捨離』をするなら、部屋をきれいにする前に物を捨てておいた方が余計なほこりや汚れが出ません。

「せっかくきれいにした場所なのに、もう1度掃除しなければならなくなった…」ということのないように取り組みましょう!

掃除の基本・上から下へ

『大掃除』は、大量のほこりと汚れが出るため、なるべく手間をかけないように『掃除の基本』を意識しましょう!

『掃除の基本』となるのは、『上から下』です。

ワンフロアの場合は、『天井→家具→床』の順序です。2階建ての場合は、まずは2階を掃除し切ってから、1階の掃除に移りましょう。

また、合わせて使えるテクニックは『奥から手前』です。

家具を掃除する際には『裏側・奥側』の汚れから取り除いたり、家全体では、奥側の部屋から掃除を始めて最終的に玄関の掃除に取り掛かったりする工夫をしてみるとよいでしょう。

無理をしすぎないことも大切

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル