top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

おせち料理の中身には意味がある?それぞれの意味とレシピを紹介

dmenu占い

おせちといえば、日本のお正月に欠かせないお祝い料理ですね。しかし、おせち料理にはそれぞれ願いや深い思いが込められているということを知らない人も多いのではないでしょうか。まずは、おせち料理の歴史や由来などを知ることから始めてみましょう。


そもそもお正月におせちを食べる理由は?

お正月の楽しみの一つとして、おせち料理をあげる人も多いものです。今では当たり前のように根付いている文化ですが、そもそもなぜおせち料理をお正月に食べるようになったのでしょうか。

おせち料理の歴史

おせち料理は、もともとお正月だけに食べられていた料理ではありませんでした。おせちはお正月のお祝い料理のことで、漢字では『御節』と書きます。

江戸時代に1月1日の元旦・3月3日の桃の節句・5月5日の端午の節句といった『五節句』が制定されました。

その『節日』のお祝いとして神様に供えたり食べたりしたのが『御節供(おせちく)』という料理です。

『五節句』の中で重要とされたのがお正月で、そのお正月に振る舞われたお祝い料理を『おせち料理』と呼ぶようになったといわれています。

次第に一般市民の間にも広がり定着していきました。

作り置き料理である理由

『節句』とは、神様に無病息災を祈り、豊作に感謝する節目の日のことです。神様にお供え物をすることから、もともとは『節供』と書かれていました。

お正月は『三が日』とも呼ばれ、この『節供』の間は物音を立てずに静かに過ごすことが鉄則でした。火の神様を怒らせないために、煮炊きすることも慎みます。

また、この3日の間は、日々の家事に追われる主婦を開放するという意味合いも含まれており、保存の利く料理を作るようになったといわれています。

「お正月くらいはゆっくりしたい」という思いが、『作り置き』というスタイルを作り上げたといえるでしょう。

お重を使う意味

おせち料理をお重に詰めるのは、『めでたいことを重ねる』『福を重ねる』という縁起担ぎの意味が込められています。

おせち料理はたくさんの料理を用意するため、普通のお皿では場所を取りがちです。ふたがあるお重なら全て重ねられるため、保管スペースが少なくて済みます。

また、おせち料理は何日かにわたって食べる料理のため、お重のふたが虫やほこりが入り込むのを防ぐのに役立ちます。

来客の際にもサッと出せる上に見栄えもよく一石二鳥ですね。昔はラップがなかったため、ふたがあることもお重が重宝された理由の一つといえるでしょう。

中身の種類は何がある?

広告の後にも続きます

お重の中にはどのような料理が詰められているのでしょうか。気になる中身についてチェックしましょう。

おせちには欠かせない 三つ肴

おせちに欠かせない重要な料理があります。『黒豆・数の子・田作り』の3種類のことで、『三つ肴』と呼ばれる料理です。

  • 黒豆:邪気を払い不老長寿をもたらす。家族みんなが健康にまめに過ごせるようにという願いが込められている
  • 数の子:多数の卵が詰まっていることから、子宝・子孫繁栄を願う
  • 田作り:イワシの稚魚を甘辛くいため煮した、豊作を祈願する料理。田植えのための肥料としてイワシが使われたことが名前の由来

関西の場合は、『田作り』ではなく『たたきごぼう』に変わる場合もあります。地に長く根を張るごぼうにあやかり、『家や家業がしっかり根付いて安定する』という願いが込められた料理です。

正式なおせち 5段重の中身や詰め方

おせちは本来、5段重が正式の段数といわれています。『初の重』は重箱の1番上の段で、三つ肴や口取りなどお正月らしい料理を入れます。

ほかには、栗きんとん・紅白かまぼこ・伊達巻などを詰めましょう。いろいろな種類の具材を入れて隙間ができないようにするのがポイントです。

『二の重』には焼き物を中心に入れます。焼いたぶり・鯛・エビなどの海の幸を詰める段です。食事のメインになるので、具材一つ一つの量を多くしましょう。

『三の重』は煮物が中心です。レンコン・里芋・ごぼうといった山の幸を煮てたくさん詰めましょう。

『四(与)の重』は日持ちする酢の物を詰める場所で、紅白なます・菊花かぶ・小肌栗漬けを収めます。

『五の重』は空っぽにして年神様から授かる福を詰める場所にするのが習わしです。

昨今では3段・4段重でもOK

5段重が主流といわれていますが、4段重が基本という説もあるようです。

現在では家族形態も変化したため3段重が主流となっており、住んでいる地域やしきたりによっても段数が異なるといえるでしょう。

4段重にする場合は、空っぽにしている『五の重』を外すだけでOKです。そのほかの段の詰め方を変える必要はありません。

3段重にする場合は、焼き物を入れる『二の重』にスペースを作りましょう。『三の重』に詰める酢の物をここに入れるようにします。

『初の重』『三の重』は、5段重と同じ料理を詰めてOKです。

おせち料理の中身に込められた意味

三つ肴のほかにも、おせち料理の中身には、素材や料理ごとに縁起担ぎのための意味が込められています。それぞれの意味を代表的な料理で紹介しましょう。

厄除けやめでたさを表す料理

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル