top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

西川貴教『スカーレット』戸田恵梨香と“ジム仲間”だった

女性自身

西川貴教『スカーレット』戸田恵梨香と“ジム仲間”だった

 

「ジョージは、喜美ちゃんの人生に光を与える太陽な存在。セリフに少しでも言いよどみやためらいがあると、その言葉にも説得力がなくなってしまう。セリフを体の中にしみこませて、反射的に出てくるように心がけています。練習の場として、いちばん好きなのはサウナ。ものすごい熱気なので、集中力も高まる。人がいないサウナに入っては、身ぶりもつけてセリフを口に出しています。人が入ってくると、急に黙るんですけどね(笑)」

 

ヒロインの戸田恵梨香とは、同じジムに通うトレーニング仲間なのだとか。

 

広告の後にも続きます

「どんなサプリを飲んでいるとか、どんなトレーニングをしているか、という話で盛り上がっています。大阪暮らしでジムに行けない戸田さん自身、『体を動かさなきゃ』と自己流のトレーニングに励んでいたようですが、僕は『そんな量じゃ足りないんとちゃうか?』と(笑)。そこで、僕がトレーナーと戸田さんの橋渡し役になって、彼女にトレーニングメニューを伝達しているわけです。僕はジムを何カ所かかけもちしているんですが、そのひとつには、喜美ちゃんの父・常治役である北村一輝さんも通っているんですよ。同じ“ジョージ”が生んだ縁なのかも……」

 

ジョージ富士川との再会を機に、貴美子は陶芸家への道を突き進んでいく。

 

「ジョージの言葉は、喜美ちゃんだけじゃなく、演じている僕自身も元気づけられます。きっと、皆さんの人生を開くヒントにもなるはず。注目してほしいのは、ジョージの大阪ことば。『琵琶湖』という単語ひとつとっても、十代田八郎(松下洸平)さんのソフトな大阪ことばと、ジョージ富士川の昔ながらのコテコテの大阪ことばと、喜美ちゃんの滋賀ことばでは、イントネーションが違うんです。その“聞き分け”も、ドラマを楽しむポイントになるかもしれません」

 

物語のキーパーソンであるジョージ富士川。ひと言ひと言に耳を傾けてみよう。

 

「女性自身」2020年1月1日・7日・14日号 掲載

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル