top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

不倫妻・波瑠への反撃。東出昌大演じる夫が怖すぎる!「あなたのことはそれほど」第5話レビュー

music.jp|テレビ・映画

不倫妻・波瑠への反撃。東出昌大演じる夫が怖すぎる!「あなたのことはそれほど」第5話レビュー(C)music.jp|テレビ・映画 有島との不倫が実はバレていて、それでも「変わらずキミをずっと愛する」と宣言された美都。いよいよこの回から涼太の反撃が始まる!? 波瑠主演、TBS系列ドラマ「あなたのことはそれほど」。5月16日(火)よる10時に放送された第5話は、責められてもいいはずの美都だったが、涼太は笑顔を絶やさずあれから不倫のことには触れない。一方で誕生日のお祝いをドタキャンされてから、有島からの連絡はなかった。夫の張り付いた笑顔に怯えながら、有島への想いを募らせる美都は…。

前回の第4話では、初恋の人・有島光軌(鈴木伸之)と逢瀬を重ねる渡辺美都(波瑠)だったが、2人の関係は少しずつ周りにバレていった。夫の渡辺涼太(東出昌大)は美都の携帯を盗み見ていてなにもかも知り、彼女に言えず苦しんでいる。そんなとき、陶芸教室に通い始めた美都のもとに、たまたま前の生徒だったという有島の妻・有島麗華(仲里依紗)が訪ねてきて、彼の妻を目の当たりにした美都に黒い嫉妬心が芽生える。そして迎えた結婚記念日と美都の誕生日、涼太からもらったお祝いは、美都の浮気を知っているとカミングアウトした上で永遠を誓う、という恐ろしいものだったのだ…。そして、今回放送の第5話は、とうとう涼太が美都へ反撃に出て…。

張り付いた夫の笑顔

有島との不倫を知っていたと涼太にカミングアウトされ、そのあとマンションに帰宅した2人。責められるのを覚悟していた美都だが、涼太は不自然な笑顔を浮かべるだけで何も言わない。そのことに逆に怯え、美都はビクビクするばかり。

翌日、仲たがいしていた親友の飯田香子(大政絢)が会おうと言ってきた。有島との温泉旅行のアリバイ作りを頼んだことから、香子には三くだり半を突き付けられていたのだ。不倫のことがバレた話をすると、「有島とは別れるんだよね? 答えによっては友達やめるけど」と手厳しい。しかし、美都は「分からない…」と明言できない。こういうときの乙女はなにも見えなくなっていて、友達の言葉さえ耳に入らないんだよね〜。そして本当に友達をなくすパターン。女子にはありがちなんだ。

不倫相手の妻に会いに行く愛人

一方、有島からは誕生日のお祝いをドタキャンされて以来、なにも連絡がなかった。涼太のことがあるというのに、鬱々としてしまう美都。なるべく早く家に帰りたくなくて、もはや避難所と化した陶芸教室に寄って帰る。すると麗華が忘れていった本があると知り、美都は「私が返しましょうか?」と咄嗟に引き受ける。おいっ、何してるんだよ! 涼太だけではなく、美都まで暴走している。

そして——目一杯、オシャレして有島のマンションに向かう美都。麗華が玄関に出ると、「突然すみません」と本を返しに来たことを言い、さらに有島と同級生だということまで話してしまう。麗華は戸惑い、「ご主人によろしく」と去って行く美都を不審な目で見ていた。すぐにそのことを麗華は有島に電話する。

結婚するのに選んだのは人じゃなく…自分の幸せ

その後、美都のもとへ有島から電話がかかてきた。「ルール違反だろ!」と、麗華に会いに行ったことを怒っているのだ。しかし話しているうちに、「何かあった?」と有島。美都は涼太にバレたことを言えない。有島が自宅に帰ると、麗華はなにかとトゲのある言い方をする。少しずつ矢が刺さるように美都のことに探りを入れられ、有島はたまらない気持ちになる。と、同時になぜ麗華のような地味目な女と結婚したのか、過去に大切に想ったことを思い出す。その結果——「しばらく会わないでいよう」と美都にメッセージを送った。

悶々とする美都のもとへ、母親の三好悦子(麻生祐未)が眼科の受診にやって来た。ランチを食べる際に、「涼太さんにバレたんだ?」と見抜かれてしまう。さらに「アンタはそもそも誰も選んでなかった。選んだのは人じゃない、幸せを選んだんだ」とまで言われてしまった。すごい…。悦子さん、さすが人生の先輩。かなりリアルなところを突いていると、筆者は思わずメモ帳に書き留めてしまった。

お天道様はちゃんと見てる

笑顔を絶やさない涼太だったが、本当はもの凄く悩んでいた。いや、当たり前なのだけれど。同僚の小田原真吾(山崎育三郎)と飲んでいる席で、「お天道様は見てる」という涼太。しかし小田原は、「お天道様は夜は見てないからな」と諭す。美都が浮気をしていることを感づいている小田原は、「お天道様が怒ったらどうなる?」と。「さすがに雷でも落ちるんじゃない?」狂気じみた顔で笑う涼太。涼太、一体、なにを考えてる——!?

翌日、公園で仲睦まじく過ごす有島夫妻のもとへ、誰かがぶつかった。「すみません!」「いえ、こちらこそ」と、顔をあげたのは…涼太だった! なにも知らない有島は涼太と談笑するが、麗華のいないところで「幸せそうで羨ましいな〜、ね、有島さん」と。(え…?)そして「さっき電話したのは僕です」と。少し前、有島の携帯に知らない番号からの着信があり、出ると無言で切られたのだ。(こいつ……まさか)「じゃ、お幸せに」と涼太が満面の笑みで去ると、美都から電話が入る。「あの人、全部知ってるの! もしかしたらそっちに行ったかも」すでに顔面蒼白になっている有島。すっかり怯えて「やばいわ、もう、これ。終わりにしよう」と美都に告げる。やっぱりね…。言うと思ったよ。こういう男は土壇場でこうなんだよ。あ、失礼。突然、有島に別れを切り出され、茫然とする美都。そこへ涼太からのメッセージが届く。そこには空から雷が落ちる写真があり、「お天道様の罰があたった」とのニコニコマーク。永遠の愛が怖いなんて、知らなかった…と、美都の心の声で次回につづく!

第6話は、5月23日(火)よる10時放送

変わっていく夫、縛りつけられる妻。そして逃げる不倫相手…!? 次回第6話はTBS系列で5月23日(火)よる10時放送。

「あなたのことはそれほど」公式サイト
http://www.tbs.co.jp/anasore/

見逃し配信、主題歌「CQCQ/神様、僕は気づいてしまった」、いくえみ綾による原作「あなたのことはそれほど」(祥伝社)とあわせて、お楽しみください。

⇒主題歌「CQCQ/神様、僕は気づいてしまった」作品ページへ

⇒原作コミック「あなたのことはそれほど/いくえみ綾」作品ページへ

TOPICS

ランキング

ジャンル