top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

M-1出場「オズワルド」テンポと間が絶妙な「東京漫才」で勝負

SmartFLASH

オズワルド(左から畠中悠/伊藤俊介) (C)M-1グランプリ事務局

 

 昨年、平成生まれ初の王者に輝いた霜降り明星が、テレビ出演本数で、今年のブレイクタレント1位(ニホンモニター調べ)に輝く大躍進。

 

 これまでも初代王者・中川家から始まり、アンタッチャブル、サンドウィッチマンなど数多くの人気芸人を世に出してきた、漫才日本一を決める『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)。

広告の後にも続きます

 

 

 SmartFLASHでは、今年もM-1グランプリ2019決勝に駒を進めたファイナリスト9組を直撃。12月22日(日)の決勝までの毎日、1組ずつ紹介していく。

 

 8組目は初めての決勝進出となるオズワルド。ファイナリスト9組中7組が初決勝進出というフレッシュな面々のなかでも、結成6年目で芸歴も下から2番目に若い。自ら「東京漫才」と称すテンポと間を絶妙に使う漫才で、これまでの最高3回戦止まりから一気に決勝へと駒を進めた。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル