top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

GACKT、『翔んで埼玉』の男子高校生役「最初は断った」

SmartFLASH

 

 12月18日、都内で「第44回報知映画賞」の表彰式が開催された。特別賞には、映画『翔んで埼玉』が選ばれ、監督を務めた武内英樹氏と、タレントのGACKTが表彰された。

 

 当日は、原作者の魔夜峰央先生もお祝いに駆けつけ、「特別賞。何がどう特別なのかよくわからない、あやふやでぼや~んとしたところが『翔んで埼玉』にふさわしいかなと思います」とコメント。

 

広告の後にも続きます

 

 続けて、一言求められたGACKTは、「この役の話をいただいたとき、一番最初は断らせていただきました。何を言ってるんだと(笑)」と、オファー当時のことを振り返り、苦笑いを見せた。

 

 今年で46歳だというGACKT。男子高校生役を演じることに大きな抵抗があったが、「昔から魔夜先生の大ファンでして、先生からご指名だということで、これはさすがに断れないなと。苦労しながら高校生を演じさせていただきました」と語る。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル