top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

世継ぎ争いの果てに…うごめく思惑によって思わぬ展開に!嵐・相葉雅紀主演「貴族探偵」第5話レビュー

music.jp|テレビ・映画

世継ぎ争いの果てに…うごめく思惑によって思わぬ展開に!嵐・相葉雅紀主演「貴族探偵」第5話レビュー(C)music.jp|テレビ・映画 新たなヒーロー、推理しない名探偵誕生! 相葉雅紀主演、フジテレビ系「貴族探偵」。5月15日(月)よる9時に放送された第5話は、 世継ぎ争いの果てに起きた、血で血を争う殺人事件が発生!!そこへ立会人として参加していた貴族探偵と愛香が巻き込まれた!! ゲストには、加藤あいが出演、産後初となるドラマ出演だが、ママになっても変わらない美しさに称賛の声が相次いでいる。

前回の第4話では、人里離れた山奥にある温泉宿に伝わる狐の神様“いづな様”。そこで行われた儀式に参加していた1人、自殺した地下アイドルと交際していたと噂される男性が殺害された!! 愛香と貴族探偵が事件の推理対決に挑むが、結果は貴族探偵の勝利。謎が謎を呼ぶ貴族探偵に、「あいつの正体、暴いてやる!!」 と意気込む愛香は、依子の叔父を訪ねることになるのだが──。

第5話…華麗なる一族の惨劇! 花婿選びの世継ぎ争いで連続殺人事件!

貴族探偵(相葉雅紀)の正体を探るべく、女探偵・高徳愛香(武井咲)は、クライアントである財閥令嬢・玉村依子(木南晴香)の紹介で、貴族探偵と懇意にしている叔父・桜川鷹亮(竜雷太)に会いに行くことに。桜川家に到着した愛香だが、依子がいない。そこで依子に連絡すると、今日は桜川家で大事な儀式が開かれる日だから、こんな日に行くと怒られるから近寄っちゃダメと言われてしまう。仕方なく帰ろうとする愛香の前で門が開き、驚いた愛香の持っていたメモが敷地内に入ってしまう。メモを拾いに中に入った愛香を呼び止める声が…。そこには、鷹亮の外孫・豊郷皐月(加藤あい)が立っていた。愛香から事情を聞き、依子の天真爛漫な性格を知る皐月はその非礼を詫び、お茶でもいかが? と愛香を屋敷内に招き入れた。

直径の孫の婿を選ぶ大切な儀式とは──

話をしていた愛香と皐月の前に、キジを持った金山俊市(忍成修吾)をはじめ、4人の男が入ってきた。今日は桜川家にとって大事な儀式が行われるのだと説明した皐月は、せっかくだから愛香も見ていかないかと誘う。そして、儀式について話を聞く愛香。その儀式とは、鷹亮の直系の孫である弥生(北香那)の婿を選ぶものであり、すでに両親が事故で他界している弥生は、当主であり祖父である鷹亮が今のうちに婿養子を選ぶという。そこで、代々キジを仕留めた者が婿養子に選ばれてきたのだが、現在では形式化され弥生の意志も尊重されるという。だが、肝心の弥生は浮かない顔をしていた。

様子をみていた愛香に思わぬ幸運が。貴族探偵を知る鷹亮が面会、しかしそこには…

愛香のもとへと使用人が訪れ、鷹亮が2人きりで愛香と話をしてくれると告げる。さっそく鷹亮の部屋へと行く愛香。そこで、貴族探偵とは何者かと訊ねる愛香に、鷹亮は微笑んで、「カレに聞いたほうがいい」とある方向を指差した。愛香が振り返ると、そこには貴族探偵の姿が…。自分の正体を探ろうとしている愛香に、「自分のことを調べるなら命がけになる」と告げる。今回、婿選びの立会人として訪れていた貴族探偵。そこで、愛香が探偵だと知った鷹亮は愛香にも立会人を依頼するのだが──。

2人の探偵を立会人としてついに儀式が始まった。しかし、鷹亮の懸念通り、凄惨な事件が待ち受けていた…

貴族探偵、愛香、そして皐月たちの見守るなか、儀式がいよいよ始まった。鷹亮の前で、キジの生き血を飲んでいく婿候補たち。しかし、キジを仕留めた金山の盃だけは、他の候補者と違う色をしていた。そして、その盃に入った生き血を飲んだ金山は、血を吐いて倒れてしまった。さっそく、貴族探偵に指名された専属刑事・鼻形雷雨(生瀬勝久)たちが駆けつけ、現場検証にとりかかる。すると、金山の盃から毒物が検出された。鷹亮は体調を崩したため、皐月から事情を聞く鼻形。事件が起き不安を抱え1人部屋で過ごしていた弥生のもとへ、鷹亮の使用人・愛知川の息子であり、弥生の使用人・友也(白洲迅)がやってきた。「なにがあっても弥生のことは守る」と告げる友也。幼い頃から仲の良かった2人。「自分が嫁に行ったら寂しい?」と聞く弥生に、「心より祝福するよ」と言い残し部屋をあとにする友也だが…。

一命を取りとめた金山。事件の鍵は盃の色と金山の残したメッセージ。しかし、連続殺人事件が発生し──!!

倒れた金山は一命を取り留めたが、事件が起きたのは確か。それでも婿選びを続行するという鷹亮。ため息をついている皐月に、なぜ金山、高宮、尼子、水口を婿選びの候補にしたのかと問う貴族探偵は…。そのとき、事件に使われた毒物が“ドクウツギ”という植物に含まれるものであることが判明。金山が倒れたとき、「ウツキ」と書き残し意識を失っていた。さらに、金山の部屋からは、そのドクウツギが発見された。毒を準備したのは金山かと疑問が増えるなか、婿候補の水口からの連絡で尼子が殺されているらしいと弥生がいう。物騒な事件が立て続けに起き、これまでは外に待機させていた使用人・佐藤(滝藤賢一)を呼ぶ貴族探偵。そして、婿候補がいる離れを訪れてみると、背中に果物ナイフが刺さり、息絶えている水口の姿が。さらに尼子も鈍器で頭部を殴られ死亡していた。そして、最後のひとり、高宮までもが背後から首を絞められ倒れている。内側からチェーンがかけられ窓は鍵がかけられていた。完全な密室状態で、部屋にいたすべての人物が殺害されていた──。

第6話は、5月22日(月)夜9時より放送

果たして、この密室連続殺人の真相とは…!? 陰謀を解き明かすのは貴族探偵!? それとも愛香!? 次回、第6話はフジテレビ系で5月22日(月)夜9時より放送。

ドラマ『貴族探偵』公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/kizoku/

麻耶雄嵩の原作『貴族探偵』『貴族探偵対女探偵』(集英社)とあわせて、お楽しみください。

⇒原作小説「貴族探偵/麻耶雄嵩」作品ページへ

⇒原作小説「貴族探偵対女探偵/麻耶雄嵩」作品ページへ

TOPICS

ランキング

ジャンル