top_line

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』はシリーズ完結編! なつかしのキャラも登場でファンは胸アツです

Pouch[ポーチ]

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』はシリーズ完結編! なつかしのキャラも登場でファンは胸アツです


【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、日米同時公開の超話題作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019年12月20日公開)です。1977年から始まった『スター・ウォーズ』が9作目にしていよいよ完結するわけですが、本作の監督は、7作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ.J.エイブラムス。ファンの喜ぶツボを押さえた狂喜乱舞の完結編となっています!ではサクっと物語から。

【物語】

ファースト・オーダー軍のカイロ・レン(アダム・ドライバー)が、ある物を求めて、森の惑星で殺戮を繰り返す中、彼は、宇宙を支配するためにレイの力を必要とします。しかし、その背後にある人物の大きな力が動き始めていました。一方、レイ(デイジ・リドリー)は森の中でフォースの修行をしています。彼女を見守るのはレジスタンス軍のリーダーであるレイア(キャリー・フィッシャー)。そんな中、レジスタンス軍とファースト・オーダーの闘いは激しくなっていくのです。

【『スター・ウォーズ』の最後を飾る感動的なフィナーレ!】

さて、試写を見た感想ですが、めちゃくちゃ楽しかったです! 正直、前作の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、77年の『スター・ウォーズ/新たなる希望』からずっと神の力のように大切に扱われていたフォースが軽く扱われ、『スター・ウォーズ』の象徴であるルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)とレイのフォースの修行がアッサリ終わったことなど、個人的には、いまいち消化不良だったんですよね。でも本作では、J.J.エイブラムス監督がちゃんと軌道修正させてきました。レイはフォースの力を極め、巨悪を相手にライトセーバーで力の限り戦いますから。そのけなげな姿は感動的! 私はレイのお母さんになったような気持ちで「頑張って!」と、その勇姿を泣きながら見ていました。

またエピソード7から、レイを支えてきたフィン(ジョン・ボイエガ)とレジスタンス軍のポー(オスカー・アイザック)の空中戦もスピーディでノリノリだし、ドラマチックな一面とアトラクション的な楽しさが見事に融合していました!

【SWマニアが喜ぶ同窓会的な要素も満載】

加えて、本作は完結編ということもあって、これまでのシリーズに登場した懐かしい登場人物が次々と現れ、同窓会のようです。『スター・ウォーズ』を観てきた人ならば、ハン・ソロの親友のあの方や、巨悪の根源のあの皇帝、そしてJ.J.監督が『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の未使用カットで蘇らせたレイア姫など、マニアは熱狂間違いなし。ほかにも小ネタが盛りだくさんだし、新キャラも登場。人気のドロイドBB-8に相棒ができるんです。D-O(ディー・オー)というドロイドで、よく働くいい子なんですよ~。注目してみてください。

【『スター・ウォーズ』が世界中の人々を熱狂させる理由】

J.J.エイブラムス監督をインタビューした際「それぞれの力やポテンシャルが発揮できるのは、家族や仲間の力があってこそ」と語っていましたが、本作は「これが監督の語っていたことか!」と納得できる展開で、おそらくシリーズでいちばん家族や仲間の大切さが熱く描かれている作品だと思います。いくらフォースという特別な力があってもひとりでは闘えないのです。後半からエンディングにかけての畳みかける展開には目が釘付けになりましたし、本当に見事な完結編だと思います! 

『スター・ウォーズ』は、ルーク・スカイウォーカーが、レイア姫の危機を救うことから始まった物語ですが、その闘いの歴史の中で、ルークもレイアもレイも、仲間たちを増やし、助け合いながら,一丸となって悪に立ち向かっていきました。これは私たちの人生にも言えること。舞台は宇宙でもスピリットは一緒。だから世界中の人を感動させ、熱狂させてきたのですね。

ぜひぜひ大きなスクリーンで『スター・ウォーズ』の完結編を大いに楽しんで、祭り気分で盛り上がってください!

執筆=斎藤 香

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
(2019年12月20日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー)
製作&監督&脚本:J.J.エイブラムス
出演:デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、ジョン・ボイエガ 、オスカー・アイザック、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、ビリー・ディー・ウィリアムズ、ルピタ・ニョンゴ、ドーナル・グリーソン、ケリー・マリー・トラン、ヨーナス・スオタオ、アンソニー・ダニエルズ、ビリー・ラード、ケリー・ラッセル、ナオミ・アッキー、リチャード・E. グラント
(C)2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル