top_line

今田美桜、広瀬すずに負けた過去「そりゃそうか~」

SmartFLASH

 

 12月16日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、女優の今田美桜が登場。過去の下積み時代の苦労を語った。

 

 番組で「いま中高生に絶大な人気を誇る女優」と紹介された今田。実際にスタジオに登場すると、観覧席の女子高生らは大きな歓声を上げ、なかには感極まって泣き出す人も。

 

 

 今田は、19歳の頃に「福岡一かわいい女の子」として話題になり、その後『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)でデビュー。『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)など話題作に次々と出演したことが今の人気につながっている。

 

 高校生の頃から美しさは飛び抜けていたようで、当時の写真が公開されると、しゃべくりメンバーも「かわいい!」と口を揃える。

 

 くりーむしちゅーの上田晋也が「こんだけかわいいと、CMとかドラマのオーディションも全部合格って感じ?」と尋ねると、今田は「いや、けっこう落ちまくってましたね」と答え、スタジオは騒然。下積み時代にはオーディションに落ちることも少なくなかったようで、「泣きながら福岡に帰る」なんてこともあったという。

 

 その話を聞いた上田は「自分が落ちたオーディションに受かって、活躍している子はいるの?」と質問すると「すんごい活躍してる。広瀬すずちゃんとか……」と返す。

 

 今でこそタイプの違う女優だが、「お芝居も素晴らしい方だし、そりゃそうか~みたいな!」と納得した様子で笑みを浮かべていた。

 

 今田は、12月20日公開の映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』で、オリジナルキャラクターの声優を務める。まだ22歳の今田、今後も幅広く活動していくことは間違いなさそうだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル