top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オフィス北野社名変更の真相 つまみ枝豆語る「殿との原点」

女性自身

オフィス北野社名変更の真相 つまみ枝豆語る「殿との原点」

「これ新しい名刺なんです。お配りする第一号ですよ」

 

そう笑いながら「TAP(タップ)」と書かれた名刺を差し出したのは、オフィス北野が社名変更することを発表したばかりのつまみ枝豆(61)だ。

 

昨年3月末にビートたけし(72)が独立し、新体制となっていたオフィス北野が、2020年1月1日から「TAP(タップ)」に社名変更して再スタートを切ることを13日に発表した。突然の社名変更に様々な憶測が飛び交う中、同社社長・つまみが事の経緯を初告白した。

広告の後にも続きます

 

「もともと去年代替わりをしたとき、前社長の金銭や株の問題があったので、それらは忘れて『心機一転、頑張ろう!』と、殿にも言われました。だから当初から名前を変えるつもりだったんです。実は、すでにその時点で『TAP』という名前も決めていました。しかし、殿に社名変更の意思を伝えたら、『今のうちはネームバリューがあるし、封筒とかまだ大量に残ってるし、そのままやったらどうだ?』って言ってくれたので、ありがたく名前をそのまま使わせてもらうことになったんです」

 

そう神妙に語るつまみ社長。

 

「それから12月でちょうど1年経つので、まあ封筒も少なくなってきたし、業務的にも殿に“迷惑”がかかっているので変更することにしたんです。迷惑っていうのは、オフィス北野にまだ殿が所属してると思っている人が多くて、こちらに殿宛ての電話がかかってきたり、殿の事務所にこちらの要件がいったり。いまだに『たけしさんがいるんだからいいよね!社長になってさ!』とか言われることあるんだけど、『いないです!』って(笑)」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル