top_line

「ヌード、やめました。」篠山紀信が被写体に選んだのは舞台稽古中の広瀬すず!松たか子・志尊淳・上川達也らも登場「アサヒカメラ」

music.jp

「ヌード、やめました。」篠山紀信が被写体に選んだのは舞台稽古中の広瀬すず!松たか子・志尊淳・上川達也らも登場「アサヒカメラ」(C)music.jp 128名の写真家が語るレンズも特集 果たして「神レンズ」は存在するのか?
アサヒカメラ1月号、ヌード、やめました。

現在79歳。日本写真界のトップを走り続けている篠山紀信さんは、1987年から毎年アサヒカメラ1月号の表紙と巻頭グラビアを飾ってきました。

「写真は時代を写す鏡」と常に口にされている篠山さんが、令和になって初めての表紙に選んだのは、広瀬すずさん。しかも、スタジオや屋外ロケでカメラを意識したものではなく、舞台稽古中の1枚です。

その舞台とは、「Q:A Night At The Kabuki」。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」で再度日本中にブームを巻き起こしたロックバンドQUEENからの提案により、野田秀樹さんがアルバム「オペラ座の夜」にインスパイアされて舞台化した作品です。ホン読み、稽古、そして舞台を篠山紀信さんが撮影されたなかから、選びぬかれた写真をお届けします。

表紙だけでなく、33ページにわたる巻頭グラビアには、広瀬すずさんだけでなく、松たか子さん、上川隆也さん、志尊淳さん、橋本さとしさん、小松和重さん、伊勢佳世さん、羽野晶紀さん、竹中直人さん、そして野田秀樹さんらが登場します。

「流れる曲は『Love of My Life』。不覚にもぼくは涙が止まらなかった」

篠山さんがそう綴った、圧倒的な力に満ちた舞台。その空気までも伝わってくるような迫力の写真に、篠山さんが描き出す「時代」を感じられるはずです。

また、同号では、岩合光昭さん・桜井寛さん・鈴木理策さん・高砂淳二さん・竹内敏信さん・森山大道さん・米美知子さん・ルーク・オザワさんら、128人もの名だたる写真家たちが、レンズについて語ってくれました。

風景やスナップなど、各ジャンルを代表する彼らが愛用するレンズとは? 「標準レンズ」とは、いったい何が「標準」なのか? ちまたでよく聞く「神レンズ」は、果たして存在するのか?

レンズ設計、歴史、生まれた名玉といった知識欲を満たすのと同時に、次に自分が手にするべきレンズは何か、作品づくりにどう生かすか、ステップアップのためのヒントにも満ちた特集です。


アサヒカメラ 2010年 1月号
発売日:2019年12月20日
定価:907円+税


※デジタル版も同時配信予定です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル