top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

藤原竜也「床がキンキンに冷えてやがる」モノマネに異議申し立て

SmartFLASH

 

 12月16日、映画『カイジ ファイナルゲーム』の試写会に、俳優の藤原竜也が出席した。

 

 前作『カイジ2 人生奪回ゲーム』の公開から、9年ぶりの新作。主人公のカイジ役を演じる藤原は、「9年ですからね。早いもんだなって思いましたね。いろいろ思うところはあったんですが、GOを出してくれた福本先生と、苦労して撮りきってくれた監督に感謝しかないです。期待以上のものに仕上げてもらえた」としみじみ。

 

 原作者の福本伸行先生によれば、今作で披露するゲームは、すべてどこにも描いていないオリジナルだという。

 

 

 藤原は「これはやらないだろ、できないだろっていうようなゲームなんですね。1日中、ずっとじゃんけんしかしてないときとかあって。もう面白い、裏の裏の裏の裏の裏ですよ、皆さん。ざわざわしっぱなしだと思います」と語っていた。

 

 カイジといえば、「キンキンに冷えてやがる」といったセリフが、あちこちでモノマネのネタにされている。このことについて、「よく皆さんやるんですけど、『床がキンキンに冷えてやがる』って、僕、言ったことないですよね? あれセリフ違いますからね!」と藤原が話すと、原作者の福本先生も「描いてないですね」と苦笑い。

 

 その後も「床がキンキンに冷えてるっておかしくない?」とボヤいていた。モノマネについては「黙認」だという。

 

 会見の終盤、藤原は「福本先生が生んでくださったカイジを、全員で頑張っていい映画に仕上げました。僕にとって非常に大きな作品、キャラクターになってる」と語り、イベントを締めくくった。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル